NEW

【エアスピネル前走考察】武豊騎手が東京新聞杯(G3)に向け示した今後の課題と可能性。約1年2カ月ぶり勝利で見えた高いマイル適性で「覚醒」?

【この記事のキーワード】, ,
easupineru.jpgエアスピネル「競馬つらつらより」

 年明けの京都金杯(G3)を単勝1.8倍の支持に応えて完勝し、「新マイル王」に大きく名乗りを挙げたエアスピネル(牡4歳、栗東・笹田和秀厩舎)が、5日の東京新聞杯(G3)に出走する。

 前走の京都金杯は2歳の朝日杯フューチュリティS(G1)以来、約1年ぶりというマイル戦。それもただ昨年10月の菊花賞(G1)以来というだけでなく、3000mから1600mと極端な距離短縮もあって、ペースの変化に戸惑いを見せる可能性も懸念されていた。

 しかし、越えなければならないハードルの数が多く、高さもあるほど、逆にクリアした場合の「評価」も高くなる。そういった点で、エアスピネルは前走で極めて高いマイル適性を示したといえるだろう。

 マイル適性を測るための最もわかりやすい基準は、やはり「スピード」だろう。レース形態全体で見れば短距離の部類に入るマイル戦において、スプリント戦ほどでなくともスピードは重要なバロメーターだ。

 その上で、京都金杯の前半800mの通過タイムは45.9秒。これは同舞台で行なわれた昨年のマイルCS(G1)の46.1秒よりも速い。馬場を考慮しても厳しいペースだったことは間違いないといえる。

 そういった流れの中、エアスピネルはスタートで半歩ほど立ち遅れるも、抜群のダッシュ力であっさりポジションを挽回。最終的には好位の外側につけて、そのまま押し切っている。

 これだけを見ても、今後エアスピネルがマイル戦で追走に苦労するシーンはまず考えられない。条件が限定される2歳戦ではなく、きっちりと各馬の距離適性がカテゴライズされた中で初のマイル戦だったが、何の問題もなくペースについて行けたことは大きな収穫といえる。

 ただ、気になったのはスタート直後から、やや行きたがるシーンが見受けられたことだ。

【エアスピネル前走考察】武豊騎手が東京新聞杯(G3)に向け示した今後の課題と可能性。約1年2カ月ぶり勝利で見えた高いマイル適性で「覚醒」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とは
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  5. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  6. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  7. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? 「矛盾」するJRA賞結果にファンの非難殺到…戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  9. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  10. JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるか