NEW

エアスピネルの「マイル王襲名」に待った!東京新聞杯(G3)は、あらゆる条件が好転するヤングマンパワーが巻き返しへ勝負気配!

【この記事のキーワード】, ,
yangumanpawa-.jpgヤングマンパワー(JBISサーチ公式サイトより)

 年明けの京都金杯(G3)を勝利し、意気揚々と東上するエアスピネルが主役となる5日の東京新聞杯(G3)。

 京都金杯に続いて1番人気が予想されるが、そんな新マイル王候補に「待った」を掛ける馬がいるとすれば、マイル重賞3勝の実績を誇るヤングマンパワー(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)に他ならないだろう。

 前走のマイルCS(G1)は3歳春のNHKマイルC以来のG1挑戦となったが、本来の力をまったく発揮できずに16着に大敗。3連勝中で満を持しての参戦であったために、この馬の底を見せてしまったような格好になったが、陣営に思ったよりも悲観の色はないようだ。

「前走は久しぶりの右回りに躊躇するようなところがあったし、鞍上もテン乗りだったから」と手塚調教師は東京スポーツの取材に、明確な敗因があったことを強調。確かにマイルCSに挑む近4走はすべて左回りのマイル戦を使っていただけに、その影響は小さくないだろう。

 先約の関係で主戦の戸崎圭太騎手が騎乗できなかったことも痛かった。スタートでやや立ち遅れると、これまでになく後ろからの競馬となり、持ち味のしぶとさをまったく活かすことができなかったようだ。

 また、ヤングマンパワーが関西圏に遠征したのは3歳春のアーリントンC(G3)以来だった。前走時-12㎏という馬体重は、数字上大きな問題はなかったようだが、コンディションに微妙な影響を与えたのかもしれない。

 しかし、今回はそういったすべての条件が「好転」する一戦だ。

 3戦3勝と相性の良い戸崎騎手に戻り、地元の東京でのレース。陣営が「左回りのマイルがベスト」と語る様に、東京のマイル戦は富士S(G3)勝ちのある舞台だ。これだけ条件が揃ってエアスピネルを迎え撃てるのは、陣営にとっても大きい。ここは勝って、3連勝時の勢いを取り戻したいところだろう。

エアスピネルの「マイル王襲名」に待った!東京新聞杯(G3)は、あらゆる条件が好転するヤングマンパワーが巻き返しへ勝負気配!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声