NEW

『東京タラレバ娘』3話視聴率がフジ”月9″にダブルスコア寸前!? 明暗分かれた局の力の差

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
terebirimokon.jpg

 1日に放送された『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)の視聴率が、11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。前回の11.5%から再び上昇。

 初回から13.8%と好調な滑り出しだっただけに2話の下降を気にした声も多かったが、3話でファンがしっかりついていることを証明した形だ。主演の吉高由里子、榮倉奈々、大島優子3名の好演、女性ウケするテーマだけにやはり強い。

 3話で上昇したことで、今後の視聴率UPにも大きな希望が持てる状況である。近年民放のトップを走る日本テレビの勢いの賜物ということか。

 一方、この『東京タラレバ娘』と真逆の状況にあるのが、フジテレビの”月9“だ。

「西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』の2話視聴率は6.9%とすでにダブルスコア寸前。第1話ですでに8.5%と史上最低でしたが、そこからさらに急降下してしまいました。キャストや演技というより、これが日本テレビとフジテレビの勢いの違いのようにどうしても見えてしまいますね。作品ではなく局で視聴率が決まってしまうような状況は、出演者が少々気の毒ではありますが……」(記者)

 すでに「5%台」とう声すらも聞こえてくる『突然ですが、明日結婚します』。もともと大きな期待は望めていなかったようだが、ここまで下降することは想像していなかったのではないか。

 前クールの『カインとアベル』も低視聴率に苦しんでおり、今回もこの有様では、さすがに”月9″枠の「消滅」までありそうなものだが……。

『東京タラレバ娘』3話視聴率がフジ”月9″にダブルスコア寸前!? 明暗分かれた局の力の差のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!