NEW

大谷翔平WBC「投手辞退」の裏に日ハム首脳陣の”陰謀”? 露骨なシカトに小久保裕紀監督の存在感ゼロか……

【この記事のキーワード】

, ,


 2009年、松坂大輔投手が不振に陥った際に所属していたレッドソックス側が「WBCの影響」を指摘したことは有名である。他にも、WBC後に調子を落とした選手や怪我をした選手は多数存在しており、球団側が「WBCへ出場させたくない」と考えることはある意味自然だ。

 今回の一件に「そのような感情」が関わっているかは分からない。はっきりしていることは、小久保監督に改めて「頼りない監督」というイメージが付いてしまったということだ。

 采配を非難する声が上がっているだけではなく、存在感の薄さを取り上げられている小久保監督が、少々気の毒に思えてくる。

大谷翔平WBC「投手辞退」の裏に日ハム首脳陣の”陰謀”? 露骨なシカトに小久保裕紀監督の存在感ゼロか……のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!