NEW

レイデオロが弥生賞(G2)をパス……皐月賞(G1)直行へ。藤沢和雄調教師の「クラシック直行」で思い出される2歳女王での「大失敗」

【この記事のキーワード】, ,

 あれから18年。藤沢調教師はダンスインザムードで2004年の桜花賞を制し”リベンジ”を果たしたが、クラシック制覇は未だその1冠だけだ。今年で66歳を迎える年齢を鑑みても、今春のクラシックが最後にして最大のチャンスになる可能性は高い。

 果たして、「3本の矢」を揃えた藤沢調教師は今年、いくつの悲願を達成するのだろうか。いずれにせよ、”暗雲”が立ち込み始めたレイデオロには、悔いのないローテーションを組んでもらいたいところだ。

レイデオロが弥生賞(G2)をパス……皐月賞(G1)直行へ。藤沢和雄調教師の「クラシック直行」で思い出される2歳女王での「大失敗」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合