NEW

東京新聞杯・武豊エアスピネル、きさらぎ賞川田将雅サトノアーサーを脅かす注目の穴馬はこいつだ!必見の重賞穴馬データ

【この記事のキーワード】, ,
keibaumatachi.jpg

 今週の重賞は安田記念を狙う武豊騎手とエアスピネルが出走する東京新聞杯(G3)、そして2015年のセレクトセールで2億1060万円(税込)で取引されたサトノアーサーが出走するきさらぎ賞(G3)だ。世間の注目はこの2頭に集中しているが、きさらぎ賞は過去にオルフェーヴルやメイショウサムソンも人気で敗退したレースだけに、ゴールまで何があるか分からない。今回も過去のデータから穴馬を探りたい。

東京新聞杯

 6月の安田記念(G1)やヴィクトリアマイル(G1)と同じ東京マイルの重賞だが、このレースを勝って安田記念を勝った馬は2002年のアドマイヤコジーンまでいない。それほど波乱含みのレースであり、それは現在9年連続で1番人気馬が敗退していることからもわかる。今年はどんな穴馬が激走するだろうか。過去10年で6番人気以下で3着以内に好走した馬の共通要素は以下の通り。

・騎手は関東所属が圧倒的に優勢。関西は岩田騎手の健闘が目立つ

・性別は圧倒的に牡馬が優勢

・年齢は4~7歳で8歳以上の高齢馬は軽視。特に5歳馬が活躍している

・馬体重は448-518kgで軽量馬や520kgを超えるような馬は軽視

・前走人気は1~12番人気と幅広いが特に1~6番人気馬に注目

・前走着順は2~9着馬に注目

・前走レースはオープン特別とG3出走組に注目

・前走距離は1600m戦出走組が中心

・前3走以内に3着以内の好走実績がある馬が優位

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補はこの馬だ。

東京新聞杯・武豊エアスピネル、きさらぎ賞川田将雅サトノアーサーを脅かす注目の穴馬はこいつだ!必見の重賞穴馬データのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声