NEW

サトノ軍団の「使い分け」シュヴァルグランの「悲願」シャケトラの「距離適性」ラニの「ギャンブル」などなど、ドバイ予備登録に見る有力陣営の「本音」まとめ

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka0326xs.jpg

 1日、JRA(日本中央競馬会)が今年のドバイワールドカップデー各レースの予備登録馬をいっせいに発表した。

 1月12日に締め切られた予備登録に今年は65頭もの日本馬が集結。目玉となるドバイワールドカップ(G1)を始め、昨年リアルスティールが制したドバイターフ(G1)、ラニが米3冠への大きな足掛かりとしたUAEダービー(G2)など、様々なカテゴリーに有力馬が出走の意思を見せている。

 無論、これら65頭すべてが実際に出走するわけではない。予備登録の費用は無料であり、登録した上でドバイ側からの招待状が来なければ出走は叶わない。

 だが、登録料が無料であり、例え招待状が届いたとしても辞退できる以上、陣営としては「気楽」な立場でもある。そして、そういったところにこそ陣営の「本音」や「方針」が表れていたりするものだ。

 例えば、どちらも秋の凱旋門賞(G1)を目指しながらも、この春は国内専念を発表している現役「2強」のキタサンブラックとサトノダイヤモンド。ドバイシーマクラシックに登録しているキタサンブラックに対して、サトノダイヤモンドは予備登録さえしていない。

 おそらくサトノダイヤモンドの里見治オーナーからすれば、「海外」は昨年の香港ヴァーズ(G1)で世界王者ハイランドリールから金星を挙げたサトノクラウンに期待するといったところなのかもしれない。こういった辺りは、両陣営の方針がありありと表れているといえるだろう。

 他の有力馬に目をやると昨年の天皇賞・春(G1)やジャパンC(G1)で3着したシュヴァルグランの登録からは、陣営の思いが伝わってくる。

サトノ軍団の「使い分け」シュヴァルグランの「悲願」シャケトラの「距離適性」ラニの「ギャンブル」などなど、ドバイ予備登録に見る有力陣営の「本音」まとめのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  4. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  5. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  6. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  7. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく