NEW

サトノ軍団の「使い分け」シュヴァルグランの「悲願」シャケトラの「距離適性」ラニの「ギャンブル」などなど、ドバイ予備登録に見る有力陣営の「本音」まとめ

【この記事のキーワード】

, ,


 その上でラニは一足早くドバイに飛び、ドバイワールドカップの前哨戦となるマクトゥームチャレンジ・ラウンド3に出走予定。つまり、ここで結果を出してドバイワールドカップの招待状をもぎ取ろうという魂胆だ。

 チャレンジ精神溢れる「松永幹夫×ノースヒルズ」のコンビらしいやり方といえる。

 番外編的な扱いになってしまうが、ある意味もっとも楽しませて頂いたのが、関西でも屈指の遠征好きとなる森秀行厩舎の面々だ。

 昨年はメンバーが手薄ながら高額賞金を誇るUAEダービーに格下のユウチェンジとオンザロックスを送り込み、見事に賞金をゲットした森厩舎。その手腕が絶賛されたが、今年もその2頭を始め、計10頭もの予備登録を行っている。

 もちろん日本最多(もしかしたら世界最多かも)であり、特筆すべきはG1ホースどころか重賞勝ち馬さえ、ネロただ1頭という陣容だ。

 まずはそのネロだが、第1希望のアルクオーツスプリント(G1)は当然として、第2希望にはドバイゴールデンシャヒーン(G1)を選択している。同じ1200mだが、こちらはダート。ちなみにネロはキャリア32戦でダートの出走はない。

 しかし、それでもネロは森軍団の中では、まだマシな方なのかもしれない。

サトノ軍団の「使い分け」シュヴァルグランの「悲願」シャケトラの「距離適性」ラニの「ギャンブル」などなど、ドバイ予備登録に見る有力陣営の「本音」まとめのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!