NEW

木村拓哉『A LIFE』視聴率がイモト『イッテQ!』に大惨敗! これまでもあった日テレの「確信犯」にTBS悲鳴!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
live0319.jpg

 5日に放送された木村拓哉主演『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)4話の平均視聴率が12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 2話で記録した14.7%から大幅ダウン、3話からも1.6%ダウンと、確実に下降線を描いている同ドラマ。草なぎ剛主演『嘘の戦争』(フジテレビ系)や『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)ともさして変わらない数字となってしまっている。相当な制作費をかけているという話を考えれば、これはもう「惨敗」といえる数字かもしれない。

 ただ、今回の下降には明確な理由があるという。

「『A LIFE』の裏では、『世界の果てまでイッテQ!10周年アワード イモトWT(ワールドツアー)99か国の奇跡2時間SP』が放送され、番組歴代2位の22.5%を記録しました。『A LIFE』と完全にかぶっていますから、その影響を多少なりとも受けたということでしょう。

まあ、全盛期のキムタクドラマは裏など関係ないという強さでしたから、やはり吸引力が弱まってきたのは間違いないでしょう」(記者)

 ドラマの内容もさほどめずらしいものではないという声も多く、今後も苦戦が続きそうな『A LIFE』。暗雲が徐々に濃くなっている印象だ。

 ただ、日本テレビが明らかにTBS系ドラマに強力コンテンツを「ぶつけてきている」という声も多い。

木村拓哉『A LIFE』視聴率がイモト『イッテQ!』に大惨敗! これまでもあった日テレの「確信犯」にTBS悲鳴!?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!