NEW

フェブラリーS(G1)で揺れる鞍上問題に「武幸四郎騎手にラストチャンスを!」の声多数!麒麟・川島も推薦した「伝説の追い込み馬」の再現なるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takekoushiroukishu.jpg

 19日に東京競馬場で開催されるフェブラリーS(G1)。JRA・G1戦線の開幕を告げる「ダート王決定戦」だが、今年の1番人気を争うサウンドトゥルーとカフジテイク両頭へ急遽降りかかった「鞍上問題」に大きな注目が集まっている。

 まさに青天の霹靂といえる出来事だった。

 昨年のチャンピンオンズC(G1)を11番人気の低評価ながら目の覚めるような末脚で4着に食い込み、一躍ダート界にその存在を知らしめたカフジテイク。前哨戦となる根岸(G3)を豪快に差し切ったことで、いよいよ新ダート王の筆頭候補に登りつめようとしている。

 ところが5日のきさらぎ賞(G3)で、新パートナーとして初重賞制覇に導いた福永祐一騎手が落馬負傷。「左肘内側側副靱帯(じんたい)損傷」と診断され、少なくとも3週間の戦線離脱を余儀なくされている。

 管理する湯窪幸雄調教師が「鞍上を調整します」と話したものの、依然有力な情報が上がってきていない状況だ。

 また、昨年のチャンピンオンズCを制し、今年の川崎記念(G1)でも2着したサウンドトゥルーも主戦の大野拓弥騎手が先週11日の競馬で騎乗停止処分を受け、鞍上が未定の状況となっている。

 G1レースということもあり、すでに大方の有力騎手の予定が埋まってしまっている現状。G1制覇に限りなく近い最有力候補の2頭だけに、両陣営にとっても極めて慎重な選択が迫られるところだろう。

 そんな中、状況を見守る多くの競馬ファンから聞かれるのが「ある騎手」を推す声だ。

「最後にいい思い出作ってほしい」「ここであったら浪漫だな」「今年は調子いいし、なんとか決まらないかな」「あと腐れがない最高の選択」などなど......。ネット上の数多くの競馬ファンから「熱い声」が届いているのが、今月末に引退が迫った武幸四郎騎手である。

フェブラリーS(G1)で揺れる鞍上問題に「武幸四郎騎手にラストチャンスを!」の声多数!麒麟・川島も推薦した「伝説の追い込み馬」の再現なるかのページです。GJは、競馬、サウンドトゥルーフェブラリーステークス武幸四郎の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!