NEW

フェブラリーS(G1)制覇に向けカフジテイクが「伝説級」の豪脚に磨き!悲願の頂点獲りに福永祐一騎手が残して行った「ツケ」とは

kafujiteiku.jpgカフジテイク(競馬つらつらより)

 昨年12月のチャンピンオンズC(G1)で11番人気の伏兵に過ぎなかったカフジテイク(牡5歳、栗東・湯窪幸雄厩舎)が、今やダート界の頂点となるG1制覇に「王手」を掛けようとしている。

 19日に東京競馬場で開催される第34回フェブラリーS(G1)。悲願の初G1制覇を目論むダート界屈指の切れ者が、アウォーディーやアポロケンタッキーなど強豪の回避もあって現在、生涯最高のビッグチャンスを迎えていることは紛れもない事実と述べて良いだろう。

 今の地位に登りつめたのも、すべては鮮やかな大外一気で重賞初制覇を決めた前哨戦の根岸S(G3)の走りによって、実力を証明したからに他ならない。

 スタートで出負けするのは、もはや「定番」。まったく慌てることなく、16頭中14番手(本馬よりも大きく出遅れた馬が2頭いた)で追走すると、最後方で迎えた最後の直線で自慢の末脚が爆発。

 残り400mの時点ではまだ最後方だったが、そこから大外に持ち出されると一気に加速。出走全馬をまとめて飲み込むどころか、最後は粘り込むベストウォーリアに1馬身差をつけてゴールした。

 凄まじい切れ味に東京競馬場のスタンドからは、しばらく騒めきも聞かれた。だが、かつてこのレースを驚異の末脚で制し、今なお「伝説の追い込み」として語られているブロードアピールと比較されるほどの豪脚は、悲願のG1制覇に向けいよいよ凄みを増している。

 南部杯(G1)連覇の実績を持つ実力馬ベストウォーリアに1馬身差を付けたことも大きいが、3着以下を2馬身半以上突き放せたことが、本馬がダート界のトップクラスに足を踏み入れていることの証明に他ならないだろう。

「これで胸を張って本番に向かえます。まだまだ課題もありますが、本番に向けて楽しみの方が大きいです」

フェブラリーS(G1)制覇に向けカフジテイクが「伝説級」の豪脚に磨き!悲願の頂点獲りに福永祐一騎手が残して行った「ツケ」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか