NEW

フェブラリーS(G1)制覇に向けカフジテイクが「伝説級」の豪脚に磨き!悲願の頂点獲りに福永祐一騎手が残して行った「ツケ」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kafujiteiku.jpgカフジテイク(競馬つらつらより)

 昨年12月のチャンピンオンズC(G1)で11番人気の伏兵に過ぎなかったカフジテイク(牡5歳、栗東・湯窪幸雄厩舎)が、今やダート界の頂点となるG1制覇に「王手」を掛けようとしている。

 19日に東京競馬場で開催される第34回フェブラリーS(G1)。悲願の初G1制覇を目論むダート界屈指の切れ者が、アウォーディーやアポロケンタッキーなど強豪の回避もあって現在、生涯最高のビッグチャンスを迎えていることは紛れもない事実と述べて良いだろう。

 今の地位に登りつめたのも、すべては鮮やかな大外一気で重賞初制覇を決めた前哨戦の根岸S(G3)の走りによって、実力を証明したからに他ならない。

 スタートで出負けするのは、もはや「定番」。まったく慌てることなく、16頭中14番手(本馬よりも大きく出遅れた馬が2頭いた)で追走すると、最後方で迎えた最後の直線で自慢の末脚が爆発。

 残り400mの時点ではまだ最後方だったが、そこから大外に持ち出されると一気に加速。出走全馬をまとめて飲み込むどころか、最後は粘り込むベストウォーリアに1馬身差をつけてゴールした。

 凄まじい切れ味に東京競馬場のスタンドからは、しばらく騒めきも聞かれた。だが、かつてこのレースを驚異の末脚で制し、今なお「伝説の追い込み」として語られているブロードアピールと比較されるほどの豪脚は、悲願のG1制覇に向けいよいよ凄みを増している。

 南部杯(G1)連覇の実績を持つ実力馬ベストウォーリアに1馬身差を付けたことも大きいが、3着以下を2馬身半以上突き放せたことが、本馬がダート界のトップクラスに足を踏み入れていることの証明に他ならないだろう。

「これで胸を張って本番に向かえます。まだまだ課題もありますが、本番に向けて楽しみの方が大きいです」

フェブラリーS(G1)制覇に向けカフジテイクが「伝説級」の豪脚に磨き!悲願の頂点獲りに福永祐一騎手が残して行った「ツケ」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!