NEW

ダート王サウンドトゥルー、鞍上チェンジより切実な問題!? フェブラリーS挑戦も脳裏にチラつく「昨年回避」の真意が心配

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
saundot.jpg
サウンドトゥルー(JBISサーチ公式サイトより)

 昨年のチャンピオンズCを制し、JRA賞最優秀ダートホースの座を射止めたサウンドトゥルー(セ7 美浦・高木登厩舎)。1番人気のアウォーディーが粘り込みを図るなか、目の覚めるような豪脚で前を差し切った圧巻の内容は、まさに「砂の王」の称号に相応しいものだった。

 だが、続く年末の大一番・東京大賞典では前走で下したアウォーディーだけでなく、5番人気の伏兵アポロケンタッキーにも後塵を配して3着。年明け初戦の川崎記念も、例年以上にレベルの低いメンバー構成と言われていたにもかかわらず、ハナを切ったオールブラッシュを交わせず2着と、なんとも歯がゆいレースが続いている。

 このままでは、2017年のダート界を背負うどころか、結局昨年以前の「勝ち切れない脇役」ポジションへ逆戻りとなってしまう。イメージ払拭のために、今週のフェブラリーSは汚名返上の絶好機といったところだろう。

 だが、そんなサウンドトゥルーの好走可能性について、非常に不穏な報道が過去に出ていたことに気付いてしまった。

 それは、ちょうど今から一昨年前の12月30日。2015年の東京大賞典を制し、今後の活躍に多くのファンが期待していたころだ。デイリースポーツの記しているところによると、同社の取材に対して高木登調教師は、

「サウンドトゥルーは芝スタートが苦手。フェブラリーSは使わず、地方のダート路線が中心になると思う。頑張ってくれたので、しばらく様子をみます」

 このように致命的な弱点をはっきり明言しているのだ。サウンドトゥルーを一番近くで見守り、長所や短所をすべて把握しているはずの調教師による発言は何とも重い。確かに、これまでの全競走成績を振り返っても、フェブラリーSが行われる東京ダート1600mにおける成績は【3・1・4・4】とイマイチ。挙げている3勝もすべて準オープン以下でのもので、オープンクラス以上では3着が精一杯というのが現状である。

ダート王サウンドトゥルー、鞍上チェンジより切実な問題!? フェブラリーS挑戦も脳裏にチラつく「昨年回避」の真意が心配のページです。GJは、競馬、サウンドトゥルーフェブラリーステークス競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!