NEW

ディーマジェスティ「破滅の道」か新たなる希望か!? 不安な「ローテ確定」に賛否が

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dhi-majesuthiderbuy.jpgディーマジェスティ(競馬つらつらより)

 昨年の皐月賞をレコード勝ちし、クラシック路線の主役の一角として存在感を放ったディーマジェスティ(牡4 美浦・二ノ宮厩舎)のローテーションが確定した。

 ディーマジェスティは、3月の日経賞(G2)から、4月末の天皇賞・春(G1)に向かうことが確定。ここ最近ではフェノーメノがこのローテーションで天皇賞連覇を果たしており、関東所属馬としては一つの「王道ローテーション」といえるが……。

 日経賞の舞台である中山競馬場は、ディーマジェスティが皐月賞、セントライト記念を勝利した舞台であり、何ら問題はない。すでにゴールドアクターやレインボーライン、ツクバアズマオーら中山競馬場を得意とする強豪が多数出走を予定しており楽なレースではないが、ここで勝利すれば再びのG1制覇も大きく近づくに違いない。

 一方、ディーマジェスティの近走成績から、このローテーションに不安を感じる声も少なくないのが実状だ。

「昨年の菊花賞では、ライバルだったサトノダイヤモンドについていくことすらできず4着に敗退し、『距離が長い』という指摘は内外から上がり、輸送にも問題があるのではとの声もあります。その上で大目標が天皇賞となれば、菊花賞からさらなる距離延長。首をかしげる声が多いのも当然かもしれません。

 さらに同馬は、昨年のジャパンCで4番人気ながら13着惨敗と、昨春に見せた勢いが寸断されている状況。闘争心が再び戻るのかどうかにも注目ですね」(競馬記者)

 ディーマジェスティの今回のローテーションは希望の道なのか、それとも破滅の道なのか……。ファンの間では「大阪杯のほうがいい」「宝塚に照準をという声もあるが、果たして。

ディーマジェスティ「破滅の道」か新たなる希望か!? 不安な「ローテ確定」に賛否がのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!