NEW

武幸四郎、騎手人生21年の記憶 相手は懲役1年6ヶ月!合コン帰りの不祥事、松本オーナーと見せた感動の涙……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takekoushirou01920.jpg

 先日Yahoo!のトップニュースなど全国的にも話題となった武幸四郎騎手の引退報道。いよいよ2月26日、つまり来週の日曜が騎手として最後のレースに騎乗となるのだ。その来週は3歳重賞のアーリントンカップ(G3)に有力馬ミラアイトーンで出走予定だが、今週の京都牝馬ステークス(G3)にも前走の勝利で勢いに乗るフィドゥーシアでの出走が決まっており、引退前の重賞制覇に大きな注目が集まっている。

 その自由な性格と発言から味方も敵もファンもアンチも多かった幸四郎は、調教師や馬主にとっても扱いづらい存在だったという。それでも着々と実績を積み上げ、2008年にはコンビニエンスストア「ミニストップ」の限定商品である「プリンパフェ」のCMに抜擢された。「G1レースに乗るよりも緊張した」と撮影後の会見に応じていたが、セッティングした代理店関係者によると

「CMの撮影は東京競馬場と川崎のスタジオで行いました。いろんなパターンのセリフを用意していましたが、本人が覚えられないと言って、競馬場での撮影は「うまっ」の一言だけになったんですよ」

 とその裏事情を語ってくれた。ちなみに代理店としてはこのCM撮影をきっかけにほかの仕事も取ろうとしたが、本人(幸四郎)があまり乗り気ではなかったことと、セリフを覚えたがらないという「不利」もあって仕事を取るのは厳しかったようだ。

 そんな出来事があった2008年が幸四郎のキャリアの中で大きな節目だったかもしれない。この年は年間485回の騎乗があり前年を上回る34勝を記録した。しかし2009年以降は騎乗回数が減少し、その後一度も2008年の騎乗数も勝利数も上回ることはなかった。さらにデビュー3年目から10年連続で続いていたJRA重賞勝利は2008年で途切れ、2009年は2008年の半分程である18勝にまで落ち込んでしまったのである。

 そして2011年には幸四郎にとって騎手人生最大のピンチとなった暴行事件が起きる。2011年8月19日午前5時半頃、合コン帰りの幸四郎は京都市東山区にある行きつけの中華料理店で20代の女性3人と友人男性と騒いでいたところ、近くにいた客と口論になり殴る蹴るの暴行を受けて左頬骨を骨折するなど全治3ヶ月の重傷となった。口論になった理由は、酔った幸四郎が犯人の知人を侮辱するような発言があったとのことだが、一方的に暴力を受けて呆然としていたという。知人がその場で警察に通報したが犯人は逃走、しかしその後自ら出頭して逮捕され、後に懲役1年6ヶ月(求刑懲役2年)の判決が言い渡されている。

武幸四郎、騎手人生21年の記憶 相手は懲役1年6ヶ月!合コン帰りの不祥事、松本オーナーと見せた感動の涙……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!