NEW

“代打騎乗”の津村明秀騎手の腹は決まった!? 大舞台・フェブラリーSでG1初戴冠なるか!?

0217kafuji_01.jpg※画像:カフジテイク 『競馬つらつら』より

 19日開催のフェブラリーS(G1)。ダートを主戦場としている実力馬たちが出揃い、覇を競うため混戦模様になるのは当然だ。しかし、昨年にダートの帝王・ホッコータルマエが引退。また、匹敵する実力を持つアウォーディー、アポロケンタッキーも同レースを回避したため、例年以上の大混戦となることが予想されている。

 そんな中、一応の主役とされているのはカフジテイクだろう。前哨戦となる根岸Sでは出遅れて最後方からの競馬となるも、残り400mですさまじい切れ味の末脚を発揮。他の馬をごぼう抜きし、2着のベストウォーリアに1馬身差をつける圧勝を飾った。

 今年はじめて開催されるG1へはずみをつけた形になったカフジテイク。だが後日、騎乗が予定されていた福永祐一騎手が落馬、負傷。乗り替わりが発表されたことで一気に雲行きが怪しくなってきた。

 発表された乗り替わりの騎手は津村明秀騎手だ。カフジテイクには、これまで3度騎乗経験がある。”代打騎手”としてはなにも問題はないだろう。

 津村騎手は15日、栗東の坂路でカフジテイクに騎乗して追い切りを行った。強めに追い、タイムは4ハロンを52秒1-12秒4。調教後、津村騎手はスポーツ紙の取材に対し、「またチャンスをいただけてうれしいし、このチャンスを生かせるかどうかで、これからのジョッキー人生が変わっていくと感じています」と決意を明かしていた。

“代打騎乗”の津村明秀騎手の腹は決まった!? 大舞台・フェブラリーSでG1初戴冠なるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声