NEW

星野源「器用すぎる男」の唯一の心配の種……あまりに使い勝手が良すぎるがゆえの不安?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
maiku.jpg

 歌手に役者にエッセイにと、とにかく「何でも屋」の印象で、そのすべてがスマッシュヒットしている印象の星野源。昨年大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の勢いも相まって、その人気は天井知らずの状況だ。

 そんな星野の最新著書となるエッセイ本「いのちの車窓から」(発行:KADOKAWA、1,200円+税)が3月30日に発売されるが、そのカバー写真が公開され、反響を呼んでいる。まだ発売もしておらず、カバー公開だけで注目されるあたり、その熱は相当だ。4月公開のアニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』で主人公の声も担当するなど、声優としての仕事まで舞い込んできた。

「昨年段階からその人気はかなりのものでしたが、2017年になって人気度が増している状況ですね。『逃げ恥』で主演だった新垣結衣を遥かに凌駕する勢いすら感じます。間違いなく今年のタレントの主役で、これで『逃げ恥』続編まで決まったら今年のNo.1タレントになる道筋すら見えますよ」(記者)

 すでに「ポスト福山雅治」という声まで出ている星野。確かに、ここまで多方面の活動で軒並み成功しているタイプのタレントもめずらしい。この器用さも大きな武器といえるだろう。

 その一方、使い勝手が良すぎるだけに不安になっているファンもいるようだ。

星野源「器用すぎる男」の唯一の心配の種……あまりに使い勝手が良すぎるがゆえの不安?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!