NEW

今週引退の武幸四郎騎手に「チャンス十分」のアーリントンC(G3)!衝撃のデビュー初勝利を飾った「阪神マイル重賞」に例年以上の好素材が集結!

【この記事のキーワード】,
takekoushirou01920.jpg

 競馬界にとって大晦日「2月の最終週」はほぼ毎年、春競馬の開幕を告げる節目であると同時に、その年に引退する競馬関係者を送り出すラスト開催という重要な役割を担うことになっている。

 昨年は史上最強牝馬の1頭に数えられるブエナビスタや、今も種牡馬として活躍するアドマイヤムーンなど数多の名馬を手掛けた名伯楽・松田博資調教師が現役最後の勝利を上げ、JRA通算800勝に到達するという印象的なシーンがあった。

 そして今年は、なんといっても武豊騎手の実弟・武幸四郎騎手の最後の雄姿に注目が集まる。

 特に25日に阪神競馬場で開催される今年のアーリントンC(G3)は、武幸四郎騎手にとって最後の重賞制覇になるかもしれない注目のレースとなっている。

 武幸四郎騎手が手綱を執るのは、デビューから主戦を務めているミラアイトーン(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 池江調教師がデビュー前から「全てにおいて優秀な点数がつけられる。落ち着きもある」と高い評価を与えていた逸材だけに、これが単なる形だけの”温情采配”でないことは充分に伝わってくる。

 先月29日の500万下で2番人気だったミラアイトーンは、好スタートから好位につけると、最後の直線で外から鋭い伸び脚を発揮。武幸四郎騎手の右ムチに応えるように加速すると、逃げ粘っていたファンタジステラを悠々捕らえてゴール板を駆け抜けている。

 レース後「これで見通しが明るくなった」と武幸四郎騎手が話したように賞金面だけでなく、好位から上がり最速の33.8秒で突き抜けたレース内容も、この馬の将来を明るくするものだった。

 ここで別れを告げざるを得ない主戦騎手に”餞別”をプレゼントできるか。素質馬ミラアイトーンの走りに期待したい。

今週引退の武幸四郎騎手に「チャンス十分」のアーリントンC(G3)!衝撃のデビュー初勝利を飾った「阪神マイル重賞」に例年以上の好素材が集結!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか