NEW

武豊騎手も煮え切らず……生涯最低惨敗のコパノリッキー、不調の原因は「衰え」以上に……

【この記事のキーワード】

, ,

takeyutaka0227.jpg

 19日に開催された今年最初のJRA・G1レース、フェブラリーS。勝利したのはM.デムーロ騎乗のゴールドドリームだった。2着には古豪ベストウォーリアが入り、ダート戦線に新たな流れが加わった印象である。

 一方、過去2度このレースを制した経験のあるコパノリッキー(牡7 栗東・村山厩舎)は、生涯最低となる14着敗退。不甲斐ない近走から6番人気だったが、結果は1ケタ着順すら遠いものとなってしまった。

 武豊騎手は「スポーツ報知」の取材に対し「パサパサのダートは合わない。締まったダートの方がいい。出来は悪くなかった」と語っているが、昨年や一昨年活躍していた時期の強さはまったく見る影もなく、4戦連続で馬券圏内に入れなかったのもこれが初めてとなる。

「もともと『勝つか負けるか』というか、成績の浮沈がはっきりしているタイプではありますが、これで4戦連続、さらにはすべて別の騎手で敗北を喫しています。ネット上では『コロコロ鞍上替えすぎ』と陣営を批判する声がある一方、『パドックで覇気がなかった』『完全に衰えた』と、馬の能力自体の問題ではないかというコメントも多いです。武騎手のコメントも煮え切らない印象ですし、今後復活する道筋があるのか……」(競馬記者)

武豊騎手も煮え切らず……生涯最低惨敗のコパノリッキー、不調の原因は「衰え」以上に……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!