NEW

JRAでも地方でも、G1でもG3でも「2着」! 5戦連続銀メダル獲得のベストウォーリアと他の「シルバーコレクター」との違い

feburari-2017.jpgフェブラリーS2017(競馬つらつらより)

 19日に開催されたフェブラリーS(G1)。2017年最初の大舞台を勝利したのは、前日に父ゴールドアリュールがこの世を去り、父に捧げる激走を見せたゴールドドリームだった。

 外目から豪快に伸びたゴールドドリームの末脚とその瞬発力は目を見張るものがあり、新たなダート王に相応しい走りだったといえる。一方、そんな新王者にわずかクビ差遅れをとったのが、古豪ベストウォーリア(牡7 栗東・石坂厩舎)だ。

 すでに2014、15年の南部杯(G1)を連覇するなど、ダートホースとして常にトップクラスの走りを見せ続けている同馬。28戦して掲示板を外したのはわずか3回と、その安定感は特筆すべきものがある。

 今回も、最後の直線で他馬が脱落していく中一気に馬群を抜け出し、最後の伸びには多くのファンが「勝った」と思ったに違いない勢いがあった。最後の最後失速した印象はあるが、7歳にしてこの走りを維持できている点には感服する他ないだろう。

 しかし、それだけにここ5戦の結果はあまりにも歯がゆい。

「昨年6月から、さきたま杯→南部杯→JBCスプリント→根岸ステークス→フェブラリーSと5戦連続の2着ですからね。しかもすべてがG1レースというわけではなく、地方交流G2、そしてG3も含まれての結果です。ステイゴールドやシーキングザダイヤなどもこういった傾向にありましたが、ベストウォーリアは地方交流とはいえ、すでにまごうことなきG1ホース。決め手に欠けるタイプではないように思えるのですが……」(競馬記者)

JRAでも地方でも、G1でもG3でも「2着」! 5戦連続銀メダル獲得のベストウォーリアと他の「シルバーコレクター」との違いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠