NEW

広瀬すずが「キュン」とする!? プロレスブーム再燃を引っ張る団体のハリルJAPANならぬ「○○○JAPAN」に注目

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 20日(月)放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に女優・広瀬すずが出演。その際に発表した「意外な趣味」が話題となっている。

 番組内で広瀬は「プロレス好き」であることを告白した。正確には女子プロレスが好きなようで「女子プロレスラーさんを見るとキュンとする」「女子が戦う姿に萌える」と発言。「観戦にいきたい」と、溢れるプロレス愛を語っていた。

「広瀬すずとプロレスが結びつかない」という声も上がっているが、若い女子の間でプロレスはブームになりつつあるのだ。

 かつてプロレスは、野球や相撲と並ぶ国民的スポーツであり大衆娯楽と認識されていた。アントニオ猪木とジャイアント馬場が、ぞれぞれ旗揚げした『新日本プロレス』と『全日本プロレス』から次々とスター選手が生誕生。テレビのゴールデンタイムで高い視聴率を記録していたのだ。

 その後も多くの団体が旗揚げされ、細分化が進んでいたが総合格闘技ブームに押されるなどの影響で輝きを失うことになる。

しかし、近年は「プ女子」と呼ばれる女子プロレスファンが急増するなど「ブームの再燃」を予感させる動きが目立つようになっていた。その「ブームの再燃」を呼んだ功労者は、多くのスター選手が所属する『新日本プロレス』だ。

試合の内容はもちろん、会場での充実しているサービスによってファンの心をガッチリ掴んできた『新日本プロレス』。メディアへも頻繁に出演するなど、積極的にアピールを続けてきた結果、かつてのプロレスファンだけではなく、多くの新規ファン獲得にも成功したのだ。

 今後も『新日本プロレス』を中心に時代は回っていきそうな気配だが、そんな同団体の中にひときわ熱い視線を浴びている男たちがいる。

 それは田口隆祐選手が監督を努める「タグチ・ジャパン」だ。2017年1月5日に棚橋弘至選手・中西学選手とタッグを結成し、NEVER6人タッグ王者の奪取に成功。後日、田口の独断でチーム名が決定した。

 それぞれがベルトを巻いたことがある実力者。そんなチームの誕生にファンであれば心躍ることも当然だが、この「タグチ・ジャパン」の魅力は強さだけではない。「勝敗がすべてではない楽しめるプロレス」を実戦している点が、高く評価されているのだ。

「タグチ・ジャパン」の試合は、いつも爆笑に包まれている。試合でのコミカルな動きはもちろん、入場の衣装(メイク)や試合後のコメントまでファンを楽しませるスタンスが多くのファンに支持されているのだ。

 特に「タグチ・ジャパン」という名前で分かるように、サッカー日本代表をイメージさせる「負けられない戦いがある」「今日は非常に選手が頑張ってくれました」「上手く飛び出してくれたんですがパスが……」といったコメントは爆笑必至。このパフォーマンスに惚れて、テレビ放送を見るようになったファンも存在するほどだ。

広瀬すずが「キュン」とする!? プロレスブーム再燃を引っ張る団体のハリルJAPANならぬ「○○○JAPAN」に注目のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!