NEW

競馬は他人のカネで楽しむものではない! 馬券に株式……横領逮捕のトホホなリーマンたち

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satutaba.jpg

 23日、会社名義の口座から現金を着服したとして、警視庁愛宕署は丸紅子会社「丸紅紙パルプ販売」の元財経部長の男性を業務上横領の容疑で逮捕した事を発表した。

 男性は2010年7月から約5年間に渡り、同社名義の預金口座から計2,600万円を引き出し、横領した疑いが持たれている。取り調べに対し、男性は容疑を認め、「金は株と競馬に使った」と供述しているという。

 過去を紐解けば、このように会社の金を横領し、競馬につぎ込んだ事件はいくつも出てくる。大金を目の前にして、目がくらんでしまうのだろうか?

 また今月、元・横浜中央信用組合新潟支店長が業務上横領容疑で逮捕された。この男性は14年11月、同市の男性から定期預金への入金として受け取った現金500万円を着服。「競馬や他の着服の穴埋めに使った」と話しているという。また、この逮捕された男性は、定期預金の解約やカードローンの不正利用などで顧客約120人から計約1億8,000万円を着服していた疑いも持たれている。

 さらに同年1月には着服した約310万円を「主に競馬に使った」として、新潟県の男性が業務上横領などの疑いで逮捕された。男性は同県の社会福祉法人で経理を担当。15年8月に行われた税務調査で横領が発覚し、同11月に懲戒解雇されていた。

競馬は他人のカネで楽しむものではない! 馬券に株式……横領逮捕のトホホなリーマンたちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!