NEW

Jリーグ開幕! 1シーズン制の復活や大型選手移籍の実施など見どころ満載。 視聴環境も大きく変わる2017年のJリーグが熱い!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Jリーグがいよいよ25日より開幕。昨年の王者・鹿島アントラーズは、的確な大型補強を実施。昨年以上に戦力は整っているといえるだろう。既存戦力が充実している浦和レッズも侮れない。年間勝ち点1位ながらタイトルを逃した昨年。今年に懸ける意気込みが高いことは明らかだ。

 他にも、元日本代表10番の中村俊輔選手が加入したジュビロ磐田、3年連続得点王を獲得した大久保嘉人選手が加入したFC東京、日本代表・清武弘嗣選手が復帰したセレッソ大阪も楽しみな存在である。

 大型選手移籍によって勢力図は変わるのか? その点は大きな見どころであるが……。

 2017年のJリーグにおいて最大の注目は「変化」が多い点ではないか。J1は再び1シーズン制へ回帰。ファンの間で確立されている「年間を通じたリーグの楽しみ方」が復活することになる。

 最も大きな話題となっているのは、サッカーの視聴環境が変わることだ。今年から『パフォームグループ』のライブストーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が、動画配信を含むJリーグの有料放送放映権の契約を締結した。J1からJ3までの全試合がライブ配信される予定だ。

 これにより10年間で約2100億円の放映権収入を得たJリーグは、クラブへの分配金や賞金を増額することを決定した。J1の各クラブへの分配金は1億8000万円から3億5000万円に増額。J2は1億円から1億5000万円、J3が1500万から3000万円になることが決定した。

 優勝賞金も大きく変わる。J1の優勝賞金は1億円から3億円へ変更。さらにJ1の上位チームには理念強化配分金が用意。翌年から3年に分けて支給される予定だ。またJ2やJ3などへの割り当てもある。

 賞金の増額が、各チームの積極的な補強に影響を与えていることは間違いない。競争力がアップすることで、これまで以上の激戦が期待できる。すでに「大きく変わりそうだ」「これからが本当に面白くなりそう」といった声が飛び交っているように、Jリーグ人気の回復・上昇へ繋がりそうな気配だ。

Jリーグ開幕! 1シーズン制の復活や大型選手移籍の実施など見どころ満載。 視聴環境も大きく変わる2017年のJリーグが熱い!!のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!