NEW

リアルスティール×戸崎圭太の「深イイ話」? 巡り巡ってやってきた中山記念「幻のお手馬」の騎乗チャンスをモノにできるか!? ドバイ連覇へ向けて力を示す一戦。

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
riarusuthi-ruyasuda.jpgリアルスティール(競馬つらつらより)

 最近にしては珍しいほどの美談ではないだろうか。

 今週末の中山記念(G2)で上位人気必至と目されるリアルスティール(牡5 栗東・矢作芳人厩舎)。昨年も同じくここから新年のスタートを切り、続くドバイの地で念願の初G1制覇を挙げた縁起のいい舞台だけに、今年の飛躍を期する上で重要な一戦となるだろう。

 ドバイターフ連覇へ向けて、当初は昨年と同じムーア騎手を鞍上に迎える予定だったが、豪州遠征が重なってしまったためコンビ続行が不可能に。代役として名前が上がったのは、リーディング3連覇を達成した戸崎圭太騎手だった。

 実はこのコンビ、実戦に出てくるのは今回が初めてだが、デビュー以前にも「騎乗するかもしれない」という噂があったようである。

 デイリースポーツが報じたところによると、リアルスティールが新馬戦に出走する前の2014年末、同馬の調教に戸崎騎手が騎乗しており、その週の競馬に使うプランも持ち上がっていたらしい。

 しかし戸崎騎手が「間違いなくいい馬。ただ、確実に勝つなら来週の方がいい」と矢作調教師に進言したため、デビューは先送りに。結果として初戦の手綱は福永騎手が握ることになり、その後は今の今まで戸崎騎手が競馬にまたがることはなかった。

 戸崎騎手の発言は、「馬を第一に考える」という観点で、まさに尊敬に値する姿勢である。リアルスティールの全兄であるラングレーは当時3歳で、すでに重賞でも掲示板を2度経験している素質馬。良質な血統背景を考えれば、当然ながら同馬にも相当な期待が掛けられていたことは想像に難くない。

リアルスティール×戸崎圭太の「深イイ話」? 巡り巡ってやってきた中山記念「幻のお手馬」の騎乗チャンスをモノにできるか!? ドバイ連覇へ向けて力を示す一戦。のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!