NEW

「空気を読めない?」M.デムーロ騎手が4週連続重賞勝利!「最後の重賞勝利」が期待された武幸四郎騎手は明日巻き返しへ

【この記事のキーワード】, ,
keiba0606.jpg

 25日、阪神競馬場で開催されたアーリントンC(G3)。明日で現役引退となる武豊騎手の実弟・幸四郎騎手が、有力候補のミラアイトーンに騎乗したため「最後の重賞勝利なるか」と例年にない注目を浴びたレースだった。

 最終的に2番人気に推されたミラアイトーンだったが、好位から競馬を進めたものの、外枠発走が祟ったのか前に馬を置けずに引っかかってしまう。鞍上の武幸四郎騎手も必死になだめようとするが、そのままズルズルと先頭に躍り出てしまったのは、あまりに痛かった。

「1400mの前走で鮮やかな勝利を収めた時点で、陣営には同距離のファルコンS(G3)という選択肢もありました。ですが、主戦の幸四郎が乗れないためにココへ。短距離を使ったことで折り合い面が危惧されていましたが、今回はモロにそれが出た形ですね。今後は短距離路線に進む可能性が高そうです」(競馬記者)

 それに引き換え、やはりこの男はまったく空気を読まず、いつも通り全力で戦い、そして圧勝した。

 最後の直線入り口で先頭に立ったミラアイトーンだったが、やはり道中の消耗が響いており、ほとんど手応えが残っていなかった。替わりに他馬とまったく異なる脚色で先頭に躍り出たのが、M.デムーロ騎手騎乗の1番人気ペルシアンナイトだ。

 前走のシンザン記念(G3)でも1番人気に推されながら、勝負所で行き場を失い3着に敗れていたペルシアンナイト。この日は単勝1.9倍という断トツの人気に推されたが、最後の直線での手応えはその人気に相応しいものだった。

「空気を読めない?」M.デムーロ騎手が4週連続重賞勝利!「最後の重賞勝利」が期待された武幸四郎騎手は明日巻き返しへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  4. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  5. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  7. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  10. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇