NEW

「空気を読めない?」M.デムーロ騎手が4週連続重賞勝利!「最後の重賞勝利」が期待された武幸四郎騎手は明日巻き返しへ

【この記事のキーワード】, ,

 これまでより後方からレースを進めたペルシアンナイトは、最後の直線で外に持ち出されると、あっという間にミラアイトーンを交わして先頭に躍り出る。抑えきれんばかりの手応えは、この時点で「勝負あり」といえるほど圧倒的なものだった。

 そこからは完全にワンサイド。後続にセーフティリードをつけたペルシアンナイトは、終始楽な手応えのままゴール板を通過。最後に後方からレッドアンシェルが2番手に浮上したが、3馬身差という決定的な差をつけてのゴールだった。

「素晴らしい馬ですね」

 そう手放しで称賛するのは、これで自身が4週連続重賞勝利となるデムーロ騎手だ。今、JRAで最も乗れている絶好調男は「2000mまでなら問題ない」とクラシック路線への参戦も示唆。皐月賞(G1)→NHKマイルC(G1)の変則2冠挑戦を匂わせた。

 また、武幸四郎騎手が騎乗したミラアイトーンは折り合いを欠いて8着。結局この日は未勝利に終わり、明日26日の騎乗が6鞍のため、物理的にJRA通算700勝達成は不可能となってしまった。

 だが、それでも引退式も控える明日には、武幸四郎騎手の最後の雄姿を一目見ようと多くのファンが阪神競馬場に詰めかけることだろう。本当に限られた機会となったが、最後の最後まで勝負師としての意地を見せてほしいところだ。

 一方のデムーロ騎手は、4週連続重賞勝利について「とても美味しいね」とご満悦。明日は阪神ではなく中山に参戦予定となっており、いずれにせよ”空気を読まない”マイペース男が関東に行くのは、一発を狙いたい武幸四郎騎手にとってありがたいかもしれない?

「空気を読めない?」M.デムーロ騎手が4週連続重賞勝利!「最後の重賞勝利」が期待された武幸四郎騎手は明日巻き返しへのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール