NEW

武幸四郎騎手に横山典弘騎手が「絶叫」!? 武豊騎手が明かしたアノ復活劇でのエピソードに見る、弟のキャラクター

【この記事のキーワード】, ,
takekoushirou01920.jpg

 26日、騎手生活に別れを告げた武幸四郎騎手。武豊騎手の弟という出自だけでなく、穴騎手、どん底からのメイショウマンボでのオークス制覇など、ファンに大きな印象を残し、鞭を置いた。今後は調教師として競馬ファンを楽しませてくれることだろう。

 どちらかといえば記録より記憶に残るタイプだった幸四郎騎手。デビュー時には初勝利がオースミタイクーンでの重賞勝利やウインクリューガーでの9番人気勝利と、ファンにとっては(ネタ含め)多くの話題を提供した。私生活では女子アナとの熱愛や中華料理店で暴行されて怪我を負うなどヤンチャな面があったのもご愛嬌か。

 しかし、やはり騎手生活晩年のメイショウマンボとのコンビが、幸四郎騎手のハイライトだったことは間違いないだろう。古くから親交のある松本好雄オーナーに自らオークス参戦を願い出て勝利し、その後秋華賞、エリザベス女王杯と制してその年の最優秀3歳牝馬を獲得した。オークス勝利時には、多くの関係者から復活を喜ばれたという。

 幸四郎騎手の人柄を表すエピソードとして、2013年に放送された『武豊TV!II』がある。メイショウマンボでオークスを制した幸四郎騎手と、キズナで日本ダービーを制し「兄弟クラシック制覇」の祝勝企画という趣だった同番組。

 オークスを振り返る際、豊騎手がオークスの「レース中」に関するエピソードを披露した。そこで登場したのが、関東の大ベテラン横山典弘騎手である。

 オークスで横山騎手が騎乗していたのは、6番人気のサクラプレジール。同馬に関しては直線での手応えがあまりよくなく、ズルズルと後退。豊騎手はペースを作ったクロフネサプライズに騎乗し、こちらもズルズルと後退。豊騎手と横山騎手はほぼ隣り合った状態になったが、そこでいきなり横山騎手が「叫び出した」のだ。

武幸四郎騎手に横山典弘騎手が「絶叫」!? 武豊騎手が明かしたアノ復活劇でのエピソードに見る、弟のキャラクターのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」