NEW

JRAの大阪杯CMが高畑充希も柳楽優弥もまったく活かせず非難殺到! これで「競馬に行きたい」となるわけが……

【この記事のキーワード】

, ,

cm0305.jpg

 4月2日に開催される大阪杯(G1)。今年からG1として豪華メンバーが出走を予定しており、JRAとしてもとにかく推したいコンテンツに違いない。

 ただ、その「プロモーション」は……。

 今年のJRACMは高畑充希、柳楽優弥、松坂桃李、土屋太鳳の「競馬素人」4人が競馬場で競馬に親しんでいくというもの。当然大阪杯に関しても何がしかの宣伝をすると思われたのだが……。

 大阪杯は、高畑と柳楽が「馬がぐるぐる回って歩く場所」に行き、いつまでもレースしないことを不思議がっている様子。競馬場の職員に「ゴールはどこですか」「何やってるんですか」とどういった場所なのかを質問するというもの。ようはパドックの意味がわからないということだ。

 そして、最後に木村カエラのテーマソングが流れて「大阪杯!」という言葉とレース映像が流れて終了。

「これで競馬見にいきたがるのか」「どこの層に向けてかわからない」「これはひど過ぎる」と酷評の嵐だ。昨年も同様に批判殺到だったが、今年は特にひどい様子。

確かに何がしたいのかもわからず、せっかくの若手人気役者陣がまったく活きてもいない。競馬そのもののPRになっているのかもわからない。

「今年1年間これを見せられ続けるのか」「せめてG1は競走馬とかレースにフォーカスしてほしい」という声が出るのも自然な話。さすがにパドックを出して「レース前の馬も、見られる」のキャッチコピーはどうなのか……推すところはそこではないような気がしてならない。

JRAの大阪杯CMが高畑充希も柳楽優弥もまったく活かせず非難殺到! これで「競馬に行きたい」となるわけが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!