NEW

武豊アウォーディーも戦意失う!? 「世界最強」「完全無欠」アロゲートがドバイWC出走で世界中のホースマンが絶望か

【この記事のキーワード】, ,
aroge-tosama.jpgアロゲート(左)(JRA海外競馬発売特集サイトより)

 今年も、ドバイの地に「世界最強」がやってくる。

 昨年のドバイワールドC(G1)では、アメリカ最強馬であるカリフォルニアクロームが世界の強豪をまったく相手にせず、ねじ伏せるようなレースぶりで圧勝。その強さは世界に衝撃をもたらし、国際レーティングでも当然の世界一となった。

 そんなカリフォルニアクロームを昨年から今年にかけアメリカの地で2度下し、ワールドサラブレッドランキングのレーティング134を獲得、名実ともに「新世界王者」として君臨するアロゲート(米 4歳)が、3月末のドバイワールドC出走を表明した。

 アロゲートはデビューこそ3着に破れるも、その後は破竹の6連勝。初G1挑戦のトラヴァーズステークスを13馬身半差という驚異的な強さで勝利すると、「歴史的一戦」といわれたブリーダーズカップクラシックでは、カリフォルニアクロームに半馬身差をつけ、米国の王に。

 年明け初戦となった世界最高賞金レース・ペガサスワールドカップ(G1)の勝者にもなり、同時にカリフォルニアクロームに引導を渡した。すでに歴史的名馬の領域にあるといっていいだろう。

 これによって、ドバイワールドC制覇を目論んでいた世界のホースマンが躊躇する可能性は否定できない。昨年のカリフォルニアクロームと同等以上の実力を有することは間違いない全米チャンピオンホースだけに、他陣営が及び腰になるのは無理からぬことだ。

 そしてそれは、日本競馬も例外ではない。今年は昨年JBCクラシックを制したアウォーディー、東京大賞典を制したアポロケンタッキーが挑戦を表明している。

武豊アウォーディーも戦意失う!? 「世界最強」「完全無欠」アロゲートがドバイWC出走で世界中のホースマンが絶望かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」