GJ > 競馬ニュース > 「安馬の美学」  > 3ページ目
NEW

250万円→1億5500万円の馬に勝つ下克上! モーリス、オペラオーなど低評価を覆して活躍した「安馬の美学」

【この記事のキーワード】, ,

テイエムプリキュア

・2003年北海道オータムセール(250万円)

 2003年北海道オータムセールにて最低落札価格だったにも関わらず、デビューから3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を勝ち、古馬になっても日経新春杯(G2)1着、エリザベス女王杯(G1)2着に好走するなど活躍。競りでの評価を覆す2億円を超える賞金を稼ぎ出した。

テイエムオペラオー

・1997年北海道10月市場(1000万円)

 1000万円は安馬とは言い難いが、落札賞金の183倍の賞金を稼いだ実績を讃えて紹介したい。同馬は2000年にG1レース5勝を含む8戦8勝の大記録を達成するなど最強馬として君臨。生涯獲得賞金18億3518万円という記録を打ち立てた。この18億はジェンティルドンナ、オルフェーヴル、ディープインパクトなどを上回る世界レコード記録でありいまだ破られていない。

バランスオブゲーム

・1999年セレクトセール(870万円)

 サトノダイヤモンドやサトノアーサーなど2億円を超える馬がいるセレクトセール出身馬だが、中にはバランスオブゲームのように870万円で落札されて6億円以上稼いだ馬もいる。同馬は中山記念連覇など重賞7勝と活躍した。ちなみにこのセールで落札された173頭中145番目の評価額で、セール最高額1億8000万円だったピタゴラスは1戦0勝のまま引退している。

 派手な高額馬が活躍するのもいいが、やはり低評価だった馬がその評価を覆して活躍するのは安馬の美学であり競馬の美学でもある。今回紹介した10頭以外にもまだまだ多くの馬がいるし、また海外では日本のスプリンターズステークスを勝ったテイクオーバーターゲットが日本円で約11万円が購入されたなどのサクセスストーリーも多い。こういった下克上もまた競馬の魅力の一つであり、今年はどんなドラマが待っているのか。ブレスジャーニーに続くニュースターの登場に期待したい。

250万円→1億5500万円の馬に勝つ下克上! モーリス、オペラオーなど低評価を覆して活躍した「安馬の美学」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇