NEW

「いきなり落馬」「賞金で遊びたい!」個性派揃いの新人騎手5名のデビュー週総括。名(迷)騎手の血を継ぐ三名の成績と今後の期待値は?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「いきなり落馬」「賞金で遊びたい!」個性派揃いの新人騎手5名のデビュー週総括。名(迷)騎手の血を継ぐ三名の成績と今後の期待値は?の画像1

 世間的には3月が卒業で4月が入学入社シーズンであるが、競馬においては2月が卒業(定年引退)、3月がデビューというスケジュールになっている。2月には調教師への転身となった武幸四郎などが騎手を引退し、坪憲章、長浜博之といった調教師も引退。しかしその余韻に浸る時間はなく、すぐ翌週には新人騎手として5名の若者がデビューした。

 2017年にデビューした新人ジョッキーは

・木幡育也
・武藤雅
・横山武史
・川又賢治
・富田暁

 の若武者5名。彼らには輝かしい未来が待っているのか、それとも茨の道が待っているのか。5名のプロフィールと一週目の成績、そして今週の騎乗予定馬について考察しよう。

 今年の5名で注目されるのは近年増えている2世騎手の存在だ。今年は5名中3名がそれにあたり、有名どころとしては父が横山典弘、兄横山和生、祖父横山富雄という横山武史が多くの注目を集めている。まずはその横山武史からチェックしていこう。

 横山武史
 鈴木伸尋厩舎所属(美浦)
 1998年12月22日生

 3月4~5日騎乗成績

 1着:0
 2着:0
 3着:0
 4着:0
 5着:0
 着外:8

 5歳上の兄横山和生は2011年デビューで7年間99勝。デビュー1年目は4勝しかできなかったが、父典弘も1年目は8勝のみ。武史は卒業時の騎乗供覧レースで勝利するなど注目を集めたが、兄のデビュー1年目が200鞍も乗れなかったことを考えれば、騎乗の確保は厳しいところ。また所属する鈴木伸尋厩舎は2016年12勝関東61位では良質な馬に恵まれず前途は多難だ。デビュー週の騎乗馬は7~15番人気と有力馬を集められず、果敢に逃げを見せるレースもあったが8戦して6着以下。今週は先週より減って6鞍に騎乗。チャンスがありそうなのは土曜中山1Rのトモジャプリマか。「稼いだ賞金で遊びたい」と答えるようにメンタルは強さはかなりのものと思われる。

「いきなり落馬」「賞金で遊びたい!」個性派揃いの新人騎手5名のデビュー週総括。名(迷)騎手の血を継ぐ三名の成績と今後の期待値は?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!