NEW

フジテレビ『ドバイワールドカップ』中継でよみがえる”悪夢” 昨年の「尻切れ中継」の二の舞だけはやめて!

【この記事のキーワード】

, ,

0202keibayurikamo_01.jpg

 現地時間3月25日に行われるドバイワールドカップデー。今年も多くの日本馬が勝利を目指し出走する。

 今年の出走馬は、

■ドバイワールドカップ(G1/2,000m、ダート)
アウォーディー
アポロケンタッキー
ゴールドドリーム
ラニ

■ドバイシーマクラシック(G1/2,410m、芝)
サウンズオブアース

■ドバイターフ(G1/1,800m、芝)
ヴィブロス
リアルスティール

■ドバイゴールデンシャヒーン(G1/1,200m、ダート)
ディオスコリダー

■UAEダービー(G2/1,900m、ダート)
アディラート
エピカリス

■ゴドルフィンマイル(G2/1,600m、ダート)
カフジテイク

 以上の11頭だ。特にドバイワールドカップには、世界最強との誉れ高いアロゲートに日本馬が挑戦するということもあり、大きな注目を集めている。

 話題となっているためか、フジテレビは『ドバイワールドカップ2017』と銘打ち、ドバイワールドカップを生中継、またドバイターフ、ドバイシーマクラシックなどを録画で放送するという。

 地上波での放送があれば、グリーンチャンネルに登録しているようなコアなファンだけでなく、ライト層や競馬をよく知らない人にもアピールしやすい。またこのフジテレビが放送する3レースは、JRAから馬券の購入も可能だ。せっかくならば応援する馬たちが、レースでどのような走りをしたのかを見たくなるのは当然だろう。

フジテレビ『ドバイワールドカップ』中継でよみがえる”悪夢” 昨年の「尻切れ中継」の二の舞だけはやめて!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!