NEW

武豊の「有言実行」の重賞勝利に驚愕……「福島に乗りに行きます」”リップサービス”を現実に変えてしまう天才騎手は噓をつかない?

【この記事のキーワード】

, ,

武豊の「有言実行」の重賞勝利に驚愕......「福島に乗りに行きます」リップサービスを現実に変えてしまう天才騎手は噓をつかない?の画像1

 今月6日、競馬が全休となる月曜日、競馬界の”顔役”武豊は福島県福島市の中合デパート福島店にいた。自身のデビュー30周年を記念する『武豊展~名馬と共に歩んだ30年~』の開催に合わせトークショーを行うためだ。

 その舞台で武豊は「4月8日に開幕する春の福島競馬を楽しみにしている。(4月22日の)福島牝馬S(G3)には乗りに来ると約束します」と宣言。朝から列を作って会場に詰め掛けた、約300人の地元ファンを沸かせる粋な演出だった。

 無論、武豊にしても半分は本気で、半分は話の流れで出たリップサービスだろう。エージェント制度が導入されて久しく、複雑に絡み合った昨今の騎乗馬事情。ましてや武豊ほどのトップジョッキーになれば、トークショーから約2カ月先の騎乗予定を決めるのは、よほどの馬やレースでない限りは難しい。

 実際に、武豊も2日後に更新した自身のホームページ上では「東北のファンの皆さん、待っていてください」と福島参戦に意欲を見せながらも「7月のラジオNIKKEI賞か七夕賞ぐらいしかチャンスはなさそう」と心境を打ち明けている。やはり、4月の東京や京都開催がある中での福島遠征はスケジュール的にも難しいものなのだろう。

 最大のネックは、肝心の福島牝馬Sにコレとった乗り馬がいないことだ。

 例え、無理に騎乗馬を用意できたとしても、やはり有力馬に騎乗できる可能性は薄い。そうなると必然的にローカル遠征自体の優先度が下がってしまい、武豊が有力馬を確保しやすい京都や東京での騎乗となってしまうのだろう。

 だが、この天才騎手の本当に恐ろしいところは、福島牝馬Sの有力な騎乗馬がいないのなら、それを「自力」で作ってしまうところなのかもしれない。

武豊の「有言実行」の重賞勝利に驚愕……「福島に乗りに行きます」”リップサービス”を現実に変えてしまう天才騎手は噓をつかない?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!