NEW

武豊が不遇ワンアンドオンリーを再生!? 阪神大賞典(G2)参戦に、陣営も不敵な「自信」

【この記事のキーワード】

, ,

0315oneandonly_01.jpg※画像:ワンアンドオンリー 『競馬つらつら』より

 2014年の日本ダービー馬で、近年はなかなか上位に浮上できないでいるワンアンドオンリー(牡6/栗東・橋口慎介厩舎)が、武豊騎手を鞍上に迎え阪神大賞典(G2)に挑戦することになった。

 ワンアンドオンリーは安定した末脚を発揮し、2014年のクラシックに出走。ホースマン最大の栄誉であるダービー制覇を成し遂げている。だが、その年の秋の菊花賞で一番人気に押されるも9着と惨敗してからは成績が低迷。15年のドバイシーマC(G1)で3着、16年には5着に入ったものの、国内では菊花賞後は13戦に出走して掲示板(5着以内)に入ったのは1度だけという状況だ。一度はダービーを制したという実績があるためか、ネット上では近年の惨状を嘆く声も聞こえている。

 そんなワンアンドオンリーは今年も”得意”のドバイ挑戦を明言し、ゴールドカップ(メイダン芝3200m)、シーマクラシック(同、芝2410m)へ登録。だが、レースへの招待状が陣営に届くことはなかった。そのため、海外挑戦から一転しての国内専念というローテーションに変更している。

 橋口調教師はスポーツ報知の取材に対し、「阪神大賞典から天皇賞・春(4月30日、京都)を目指すことに決まりました」と話し、さらに「ドバイを目指していたくらいで仕上がりはいいですし、スタミナタイプだと思うので、距離延長で競馬はしやすくなるはず」と前向きなコメントを出している。

 同馬が出走する今年の阪神大賞典は、昨年の最優秀3歳牡馬のサトノダイヤモンドと2連覇を目指すシュヴァルグランの一騎打ちといわれている。さらに、万葉S(OP)を勝ったタマモベストプレイ、昨年の日経新春杯でシュヴァルグランを破ったレーヴミストラルなども顔を揃えている。ここにワンアンドオンリーが割って入るのは至難の業だと思えるのだが……。

武豊が不遇ワンアンドオンリーを再生!? 阪神大賞典(G2)参戦に、陣営も不敵な「自信」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!