NEW

【高松宮記念(G1)展望】春の連続G1開催がついに開幕!主役不在の大混戦となる「春のスプリント王決定戦」に名乗りを上げるのは!?

【この記事のキーワード】, ,

 前走のオーシャンSでは、中団から鋭い末脚で重賞初制覇。昨年の京成杯(G3)こそ雨の影響で大敗したが、近走5戦4勝という充実ぶりは、G1初挑戦でも軽視できるものではない。最近4勝の内、3勝が中山のスプリント戦と秋のスプリンターズSが今から楽しみだが、残る1勝はこの中京コース。1000万下を強い勝ち方で突破しており、当然今回も侮れない。

 逆に、前哨戦の阪急杯(G3)を1番人気で惨敗したシュウジ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)は巻き返しが期待される1頭だ。

 強力なメンバーがそろった年末の阪神C(G2)を制し、次代のスプリント王として期待されていたシュウジだが、単勝1.6倍に推された前走の阪急杯でまさかの8着惨敗。それも好位からズルズルと後退する、情けない内容だった。今回はリベンジを懸けたレースとなるが、1週前追い切りでは絶好の動きを披露。名誉を挽回へ準備はできている。

 5歳にして2度目の充実期に入った感のある桜花賞馬レッツゴードンキ(牝5歳、栗東・梅田智之厩舎)が、再びスプリント戦線に矛先を向けてきた。

 昨年のこのレースが初のスプリント挑戦だったが8着に惨敗。しかし、夏の北海道のスプリント重賞で連続して3着に入るなど、じょじょに適性が高まりつつある。それもここ最近はダートのJBCレディスクラシック(G1)、芝マイル戦のターコイズS(G3)で連続2着すると、芝1400mで行われた前走の京都牝馬S(G3)を快勝。舞台を選ばず、充実した走りを見せているだけに、昨年とは違った走りが見られそうだ。

 シルクロードS(G3)からは2着のセイウンコウセイ(牡4歳、美浦・上原博之厩舎)が上昇カーブを描いている。

 勝ったダンスディレクターこそ回避したものの、重賞初挑戦で勝ち馬とクビ差の競馬を展開したのがセイウンコウセイだ。昨春まではダートを使われていたが、5月に芝の短いところを使い始めてからは、7戦して4勝2着2回の安定感。唯一の大敗は1400mなので、度外視できる点も強みだ。展開によっては逃げることも可能で、本番のペースはこの馬が握るかもしれない。

 他にも阪急杯(G3)を勝ったトーキングドラム、オーシャンSで2着だったナックビーナス、阪急杯2着のヒルノデイバローなど前走で充実の走りを見せた伏兵も、今回ばかりは十分にチャンスがありそうだ。

 空前の大混戦となり難解なレースである分、馬券的には好配当の期待が持てる今年の高松宮記念は26日(日)の15時40分に発走予定だ。

【高松宮記念(G1)展望】春の連続G1開催がついに開幕!主役不在の大混戦となる「春のスプリント王決定戦」に名乗りを上げるのは!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇