NEW

武豊「勝ち方を知る男」がアディラートをUAEダービーからケンタッキーダービーへ導く!? 怪物エピカリスを逆転できる「理由」

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka0227.jpg

 25日に開催される世界競馬の祭典「ドバイワールドカップデー」。日本馬も毎年数多く参戦するレースではあるが、日本競馬の代表、武豊騎手は今回の有力馬に多く騎乗する。

 メインレースであるドバイワールドカップ(G1)ではアウォーディーに騎乗する予定の武騎手。しかし、このレースでは世界最強馬アロゲート(米)が出走を予定しており、勝利を手にするのは本当に困難。もちろん大金星を期待したいところだが、実力差は明らかだろう。

 今年の武騎手に「現実的」な部分で勝利を期待するなら、やはり同日に開催されるUAEダービー(G2)連覇だ。ハイレベルと称される3歳ダート戦線の中核を担う1頭、アディラート(牡3 栗東・須貝厩舎)とコンビを組む。

 アディラートはここまで6戦2勝。デビューから3戦は芝で未勝利だったが、ダート転向後の2戦を圧勝し、一躍ダート界のプリンス”候補”と呼ばれるようになった。

しかし「プリンス」とは決して呼ばれない事情こそ、今年の3歳ダートの層の厚さか。

 同世代で4戦4勝、ダート界の「新怪物」と当初から騒がれたエピカリス(牡3 美浦・萩原厩舎)の存在が、アディラートが同世代の頂点に立てていない理由だ。これまでのパフォーマンスはアディラート以上。昨年11月の北海道2歳優駿(G3)では、2.4秒差圧勝という歴史的大差をつけるレースを披露した。

 初対決となった2月のヒヤシンスS(OP)でも、3/4差放されて惜敗。これまでのインパクトほどの着差とはならなかったが、それでも1着と2着という差は小さいものではない。

武豊「勝ち方を知る男」がアディラートをUAEダービーからケンタッキーダービーへ導く!? 怪物エピカリスを逆転できる「理由」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. かつての「JRA新人王」に無念の降板劇…今年の桜花賞、オークスを13番人気で5、4着に好走「これ以上、どうしろと」の声
  3. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  4. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  5. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光
  6. 武豊からリーディング奪った剛腕騎手が「132連敗」の大苦戦、過去にはエージェントとの確執も噂に…ダービージョッキーに限界説も
  7. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  8. あの「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 競馬界随一の「理論派ジョッキー」がいよいよ第二の人生へ…早くも「成功確実」という声も
  9. 【スプリンターズS(G1)展望】大本命メイケイエールに浮上した「不安材料」…53kgナムラクレアとG1ホース2頭にもチャンスあり!?
  10. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は