NEW

ファンディーナ桜花賞回避へ!? 陣営の「意図」と「現状」を考えれば無難だが……

【この記事のキーワード】, ,

「年始から距離適性の問題もあり、もともと桜花賞には向かわないという話は出ていました。またライバルとされるソウルスターリングは、昨年から2カ月くらい間隔を明けてレースに使われており、今年もまだチューリップ賞(G3)に出走したのみです。それに比べデビューが遅れたファンディーナは、今年すでに3走していますからね。

陣営がレース間がつまりすぎているためとして、桜花賞を回避して休養を取らせたいと考えてもおかしくはないです」(競馬誌ライター)

 たしかにフラワーCを制した後に桜花賞に出走した馬は、12年のオメガハートランド以来おらず、そのほとんどがオークスへと向かっているのが現状だ。これを踏まえるのならば、ファンディーナの桜花賞への出走の見込みは薄いと見るべきなのかもしれない。

 ファンディーナは桜花賞を回避してオークス、もしくはほかのレースを視野に入れるべく動くのか? すべては桜花賞の登録締め切りである今月26日までに判明する。

ファンディーナ桜花賞回避へ!? 陣営の「意図」と「現状」を考えれば無難だが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合