NEW

【高松宮記念(G1)】レッツゴードンキに勝機あり!? 京都牝馬S(G3)制覇で勢いに乗る桜花賞馬が主役の座を狙う

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【高松宮記念(G1)】レッツゴードンキに勝機あり!? 京都牝馬S(G3)制覇で勢いに乗る桜花賞馬が主役の座を狙うの画像1
競馬つらつら」より

 昨年の覇者ビッグアーサー、シルクロードS(G3)を連覇したダンスディレクターなどの回避によって、混戦ムードが漂う今年の高松宮記念(G1)。「主役不在」との声も上がっているが、ここは京都牝馬S(G3)を快勝して勢いに乗るレッツゴードンキ(牝5、栗東・梅田厩舎)に注目したい。

 2015年の桜花賞(G1)を制した後は、馬券圏内さえも確保できないレースが続いた本馬。しかし、昨年の6月より状況は一変する。6戦して[1・2・2・1]と好走を披露。その中でも前走の京都牝馬S(G3)は、本馬の復活・進化を確信させる内容だった。

 折り合いに不安を見せつつも、中団やや後方より追走。外々から徐々に進出し、直線に入りスパートを仕掛ける。追われてからの伸びは抜群。半ばで先頭に立ち後続に1馬身以上の差をつける快勝劇を演じてみせた。

 外差しを狙ってきた馬の中でも"一枚上"と思わせる伸び脚は、G1馬としての力を見せつけるもの。牡馬を相手にしても、十分に戦える印象を与えた。

 16日の栗東坂路での稽古では、一杯に追われて4F50秒4-12秒1の時計をマーク。「デイリースポーツ」の取材で「元気ですね。動きもいいし、昨年よりも馬がしっかりしている感じ」と岩田康誠騎手がコメントしているように、仕上がりは上々のようだ。

【高松宮記念(G1)】レッツゴードンキに勝機あり!? 京都牝馬S(G3)制覇で勢いに乗る桜花賞馬が主役の座を狙うのページです。GJは、競馬、レッツゴードンキ競馬高松宮記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!