NEW

【マーチS(G3)】どの馬にもチャンスあり!? 激戦必至のダートハンデ重賞

【この記事のキーワード】, ,
【マーチS(G3)】どの馬にもチャンスあり!? 激戦必至のダートハンデ重賞の画像1

 高松宮記念と同じ26日(日)に中山競馬場で開催されるのは、ダートのハンデ重賞マーチS(G3)だ。近年のレース結果を見ると、1番人気に支持された馬の勝率が良くない荒れるレースで、まさにハンデ重賞といったところだろう。今年も難解なメンバーが揃い予想はさらに難しくなりそうだが、その中でも注目したい出走予定馬を紹介する。

 実績面で評価すればアスカノロマン(牡6、栗東・川村厩舎)が当然ここでは上位となる。今年に入ってからのレースとなる前走のフェブラリーS(G1)、前々走の東海S(G2)は完敗しているものの、3走前のチャンピオンズC(G1)では3着。成績を見ると安定感がないのが不安材料ではあるが、これまでに重賞を2勝しているように高い能力は証明済み。どこで走ってくるのか掴みどころのない馬ではあるが、メンバー的に恵まれるここで負けるわけにはいかないだろう。これまでの実績からトップハンデを背負うことになるが、そのハンデを克服していい結果を残したい。

 同様に実績を積み重ねているインカンテーション(牡7、栗東・羽月厩舎)も侮れない。重賞の勝利数だけで言えば3勝と出走予定馬では最多だ。また、2年前にはフェブラリーS(G1)で2着の実績もあり、G1でも通用するところを見せていた。しかし、故障による長期休養を余儀なくされると、復帰後は以前のようなレースが出来ず成績もいまいちと苦しんでいる。それでもチャンスがありそうな今回、この馬自身の実力を発揮できれば久しぶりの勝利も十分可能だろう。

 コスモカナディアン(牡4、美浦・金成厩舎)は、混戦模様のここで重賞初勝利となるだろうか。今年の1月にOPクラスに昇級すると、川崎記念(G1)に挑戦し3着と初の重賞挑戦でも結果を残している。前走の仁川S(OP)では断然人気だったグレイトパールに敗れ2着だったものの、3着馬には9馬身差をつけておりその能力はOPクラスのレースに収まるものではない。レース間隔が中1週と詰まっており厳しいローテーションではあるが、巡ってきた重賞制覇のチャンスを逃すわけにはいかない。

【マーチS(G3)】どの馬にもチャンスあり!? 激戦必至のダートハンデ重賞のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合