NEW

怪物牝馬ファンディーナが皐月賞(G1)へ「牡馬挑戦」! 勝てば69年ぶりウオッカ級の大記録達成となるが、水面下からうかがえる陣営の「本気度」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファンディーナ桜花賞回避へ!? 陣営の「意図」と「現状」を考えれば無難だが......の画像1※画像:ファンディーナ 『競馬つらつら』より

 競馬界に激震が走った。

 25日、デビュー戦から圧倒的なパフォーマンスで3連勝を飾っていた牝馬のファンディーナ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)が皐月賞(G1、中山2000m)挑戦を発表した。

 かつて、これほど脅威となる挑戦者がいただろうか。牝馬としては2014年のバウンズシャッセ以来の出走となるが、あの時とはスケールの異なった参戦となる。おそらく1番人気に推されることさえ、あり得る状況だ。

 ちなみにグレード制導入以降、牝馬が皐月賞に挑戦した例は、先述したバウンズシャッセに加え、1991年のダンスダンスダンスの2頭しかいない。ともにファンディーナと同じくフラワーC(G3)からの参戦となる。

 バウンズシャッセが12番人気11着、ダンスダンスダンスが15番人気5着と牡馬の厚い壁に跳ね返された歴史があるが、もしもファンディーナが皐月賞を勝利すれば1948年のヒデヒカリ以来、69年ぶりの勝利となる。

 これは牝馬として65年ぶりに日本ダービー(G1)を勝ったウオッカに匹敵する記録であり、歴史的大記録となることに疑いの余地はない。

 ただし、陣営が至って「本気」であることは、追加登録料200万円をわざわざ用意した点からも伺える。

 元からファンディーナは、牝馬ながらに1月のクラシック2次登録で日本ダービーへの登録を済ませている野心溢れる存在だった。今年はソウルスターリングとレーヌミノルと合わせて3頭しかいない、ある意味「牝馬の枠」を超えようとしていた馬である。

 だがその反面、皐月賞への登録を行っていなかったため、この中間も「牡馬挑戦をするなら日本ダービー」と目されていたが、まさかの皐月賞参戦。

『スポーツ報知』の取材を受けた高野友和調教師は、クラブ(ターフ・スポート)側から要望があったと話し、問題ないので希望に添えることとなったと経緯を説明している。

怪物牝馬ファンディーナが皐月賞(G1)へ「牡馬挑戦」! 勝てば69年ぶりウオッカ級の大記録達成となるが、水面下からうかがえる陣営の「本気度」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!