NEW

【大阪杯(G1)展望】年度代表馬・武豊&キタサンブラックのコンビが堂々始動!マカヒキ復活へこの春、大注目の新設G1に超豪華メンバーが集結!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月2日には阪神競馬場で大阪杯(G1、芝2000m)が開催される。今年からG1として新たなスタートを切ることになった大阪杯。位置付けとしては、秋の天皇賞と並ぶ中距離王決定戦となる。

 ドバイワールドカップデーや日経賞(G2)、阪神大賞典(G2)といった他の路線と日程が重複するために出走馬が注目されたが、金鯱賞(G2)移設の効果もあってG1に相応しいメンバーがそろった。

【大阪杯(G1)展望】年度代表馬・武豊&キタサンブラックのコンビが堂々始動!マカヒキ復活へこの春、大注目の新設G1に超豪華メンバーが集結!の画像1

 中でも昨年の年度代表馬キタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が登場することは、大阪杯が盛り上げる上でも非常に大きなステータスといえる。

 有馬記念(G1)から大阪杯という流れは昨年と同じ。昨年はここで武豊騎手と初コンビを結成したが、アンビシャスのマークにあって2着に敗れている。

 だが、あれから1年。天皇賞・春(G1)、ジャパンC(G1)という2つのビッグタイトルを積み上げ、今年は年度代表馬としての出走。最大のライバルと目されるサトノダイヤモンドとの再戦に向け、G1の舞台といえども負けられない戦いとなる。

 23日に行われた1週前追い切りでは、栗東のCウッドで6ハロン78.3秒と絶好の動き。陣営も「抜群」と大きな手応えを感じている。あとは最終追い切りを残すのみだが、この分であれば軽めに流す程度だろう。王者が万全を期して、4つ目のタイトルを獲りに来た。

 昨年の日本ダービー馬マカヒキ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が完全復活を遂げさえすれば、鉄壁の安定感を誇る現役王者を真っ向勝負で下せる可能性は十分にあるはずだ。

【大阪杯(G1)展望】年度代表馬・武豊&キタサンブラックのコンビが堂々始動!マカヒキ復活へこの春、大注目の新設G1に超豪華メンバーが集結!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!