NEW

【ダービー卿チャレンジT(G3)・展望】逸材グレーターロンドンは、歴史的名馬への道を進めるか? 曲者揃いのマイル戦線を勝ち抜くのは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0306gureron_01.jpgグレーターロンドン(競馬つらつらより)

 2年前のダービー卿チャレンジT(G3)を制したモーリスは、後に国内外のG1レースを6勝する活躍を見せ、昨年で惜しまれつつも引退した歴史に名を残す名馬である。そんなモーリスを輩出したダービー卿チャレンジT(G3)が1日(土)に中山競馬場で行われる。安田記念(G1)へとつながる重要なレースへ出走を予定している注目馬を紹介する。

 今後の活躍に期待が膨らむ逸材のグレーターロンドン(牡5、美浦・大竹厩舎)に注目したい。デビューしてからここまで7戦し6勝、2着1回の驚異的な成績を残している。現在のところ後方からの追い込む競馬で5連勝中と勢いに乗る中、ついに重賞初挑戦を迎えることになった。前走の東風S(OP)はOPクラスへの昇級初戦であったがいつも通り後方待機の作戦を取った。レースがスローペースだったため、追い込み馬にとっては不利な展開。

 4コーナーを過ぎた辺りではまだ後方で、差し切るには難しい位置取りであった。しかし直線を向いてからは「矢のように飛んできた」という表現が当てはまるような末脚を繰り出して、難なく差し切り勝利。重賞ということでこれまでの相手よりは格上となるが、決して能力的な見劣りは無く初めての重賞挑戦でもあっさり勝ってしまうかもしれない。未だ底を見せない大器はこのまま連勝を伸ばして安田記念(G1)まで突き進んでいけるのだろうか。

 グランシルク(牡5、美浦・戸田厩舎)はここで勝ちが欲しい。重賞制覇のチャンスがあった2年前のニュージーランドT(G2)では、スタートでの出遅れが響いてしまい敗れるという悔しい思いをした。それでも最後方から2着まで追い込み能力の高さは示していた。それ故にその後も重賞ではたびたび上位人気に支持されているのだが、あと少しのところで勝利を上げることが出来ていない。この馬自身も瞬発力がストロングポイントとなっているが、同型のグレーターロンドンという強敵がいるため、今回に関してはレース中の位置取りが勝負のカギとなりそうだ。これまでに積み上げた経験を活かして念願の重賞初制覇を飾りたいところだろう。

 追い込み馬に強力なメンバーが揃っているため、牽制しあうと展開が向きそうなマイネルアウラート(牡6、美浦・高橋厩舎)。前走の東京新聞杯(G3)では2番手を追走し直線の半ばまでは先頭を争う見せ場をつくり、4着と善戦した。前走は直線で粘り切れなかったので直線の短い中山競馬場へのコース替わりはプラス材料となりそうだ。2走前には58kgの斤量を背負いながらも勝利している得意のコースで、有力馬達に一泡吹かせられるか。

【ダービー卿チャレンジT(G3)・展望】逸材グレーターロンドンは、歴史的名馬への道を進めるか? 曲者揃いのマイル戦線を勝ち抜くのは!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!