NEW

牙狼・マクロスと約14万人? パチンコ・パチスロへ影響を与えるイベントに注目

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パチンコメーカーの「コミックマーケット」への出展。アニメとタイアップした機種が大半となっているなど、今やパチンコを語るうえでアニメの存在は切っても切り離せないものだ。

 そんなアニメ界の最大規模イベント『AnimeJapan 2017』が3月23~26日に東京ビッグサイトで開催。来場者は4日間合計で約14万5000人と、過去最高の盛り上がりとなった。

 もちろん『AnimeJapan 2017』にも業界関連企業が参加している。『SANKYO』と『サンセイR&D』がブースを出展。『SANKYO』と『フィールズ』は協賛社にも名を連ねていた。

『SANKYO』グループ会社『サテライト』のブースでは、「戦姫絶唱シンフォギアGX」や「マクロスΔ」の関連グッズを展示・販売。ブース内の特設ステージでは、ライブイベントも開催された。

 注目は『SANKYO』より導入予定のパチスロ新機種「マクロスフロンティア3」が紹介された点だろう。

 A+ART機で大量のストック獲得も可能。本シリーズの魅力である楽曲も充実と、ファンの間では早くも注目されている話題作だ。そんな本機の登場に会場は大いに盛り上がった様子。「導入が待ちきれない」「新基準でも期待できそう」という声が目立ったようだ。

牙狼・マクロスと約14万人? パチンコ・パチスロへ影響を与えるイベントに注目のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!