NEW

「直行ローテの是非」桜花賞に挑むミスエルテは能力確かも不安材料多数…。末脚爆発にはファンタジーSの「再現」が必要か?

【この記事のキーワード】

, ,

「直行ローテの是非」桜花賞に挑むミスエルテは能力確かも不安材料多数...。末脚爆発にはファンタジーSの「再現」が必要か?の画像1

 馬券を買う側からすれば、取捨の判断に最も悩まされる1頭だろう。

 今週行われる牝馬クラシック第1弾・桜花賞へ出走するミスエルテ(牝3、栗東・池江泰寿厩舎)。前走の朝日杯FSを4着に敗れた後、早々に「直行ローテ」が発表されて波紋を呼んだが、ついに本番を迎えることになった。

 昨年末に話題を呼んだ怪物フランケル産駒2頭のうち、片割れのソウルスターリングは押しも押されぬ1番人気として君臨している。それだけに、この馬の影の薄さがなおさら強調されてしまっている状況は否定できない。

 2走前のファンタジーSは確かに衝撃的だった。しかし、それももはや過去の話。朝日杯FSで1番人気に応えられず、桜花賞トライアルにも出走しなかったことにより、競馬ファンがミスエルテに抱く評価は大きく落ち込んでしまっている。

 果たして桜花賞での「劇的な」挽回は見込めるだろうか。手始めに、朝日杯FSの内容を振り返ってみよう。

 直接的な敗因は何といっても、道中ハミを噛んでしまい「流れに乗れなかったこと」。好スタートからダッシュよく先団へ取り付いたまではよかったが、あまりにスタートが良すぎたせいで掛かってしまい、鞍上の川田騎手が手綱を強めに抑えるチグハグな競馬になったのが痛恨だった。

 また3コーナーに入る頃には落ち着きを取り戻したものの、内のダンビュライトと外のアメリカズカップに挟まれてプレッシャーを受け続けるポジションも苦しかった。

「直行ローテの是非」桜花賞に挑むミスエルテは能力確かも不安材料多数…。末脚爆発にはファンタジーSの「再現」が必要か?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!