NEW

『押忍! 番長3』でも厳しい? やはりパチスロ新基準機の成功に必要なのはゲーム性よりも「アノ問題」なのか……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『押忍! 番長3』でも厳しい? やはりパチスロ新基準機の成功に必要なのはゲーム性よりも「アノ問題」なのか......の画像1大都技研HP」より

 この結果によってパチスロ業界の未来が決まる。

 そのように言われるほどに、回胴界へ歴史を刻んだ「番長」シリーズの最新作『押忍! 番長3』への期待は大きかった。

 大ヒットした『番長2』と純増スピードも同程度、プレミアムの超番長ボーナスも搭載されているなど、過去のシリーズを踏襲している点は大きい。

 さらには、ベルを規定回数揃えて当りを狙う「ベルシステム」の搭載・初当りのメインはART「頂JOURNEY」・ARTはゲーム数上乗せではなく「セット数上乗せ」など新要素も満載。

「番長」シリーズの魅力はそのままに、新たな要素が加わるなど様々な面が進化発展している印象の本機が「ヒットするのは確実」と思われることは自然なのだ。

 現にユーザーからは「番長のゲーム性は新基準機に合っている」「チャンス役誘発って位置付けのMBの使い方はうまい」「ART中の対決がほんと楽しい」と高評価する声が上がっている。

 さすがは歴代最高と評される作品。人気シリーズの新台が導入されるも期待に応えているとは言えない現状だが、この反応は「今度こそ新基準機よりヒット作が生まれる」と確信させるものである。

 しかし、当然ながら良い意見だけが上がっている訳ではない。注目・期待度が高かったこともあり、落胆や不満も大きいものになっているようだ。

『押忍! 番長3』でも厳しい? やはりパチスロ新基準機の成功に必要なのはゲーム性よりも「アノ問題」なのか……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!