NEW

【ニュージーランドT・展望】混戦模様の3歳マイル重賞! 好走馬多数登場の中、NHKマイルCに駒を進めるのは?

【この記事のキーワード】, ,
【ニュージーランドT・展望】混戦模様の3歳マイル重賞! 好走馬多数登場の中、NHKマイルCに駒を進めるのは?の画像1

 3歳馬のクラシックが開幕する今週だが、世代のマイル王を決めるNHKマイルC(G1)のトライアルのニュージーランドT(G2)が中山競馬場で行われる。混戦模様の3歳マイル戦線だが3着馬までにはNHKマイルCの優先出走権が与えられるため、出走するからにはここで確実に権利を確保したいはずだ。そんなニュージーランドT(G2)への出走予定馬を紹介する。

 前走の共同通信杯(G3)4着からの巻き返しを狙うタイセイスターリー(牡3、栗東・矢作厩舎)。共同通信杯では自分のペースで逃げると直線でも粘りを見せ、残り1ハロンまでは先頭を争ったが惜しくも後続馬に差し切られてしまった。2走前のシンザン記念(G3)では好スタートを決めると一旦は控えて中団からレースを進め、重馬場ながらも最後はしっかりと末脚を伸ばしてきた。結果は惜しくも2着であったが、能力を証明したレースだったと言えるだろう。

 これまでのレースぶりから位置取りを気にしない自在性、馬場コンディションを苦にしないパワーを秘めている点を評価したい。兄にはG1を2勝したミッキーアイルがおり、血統的にもマイルでの適正には期待が持てる。共同通信杯(G3)ではラスト1ハロンで交わされたところからも、距離が短縮される今回はベストな条件。ここで確実に勝利して混戦模様のマイル路線の中心に立つことは出来るだろうか。

 ボンセルヴィーソ(牡3、栗東・池添厩舎)は昨年の重賞から結果を残し続けている。デイリー杯2歳S(G2)、朝日杯FS(G1)では戦前の低評価を覆してそれぞれ2着と3着に入る活躍を見せた。どちらも逃げての粘り込みという力がなければ出来ないレースで、決してフロックではないことを見せてくれた。休み明けで挑んだ前走のファルコンS(G3)ではこれまでの逃げの戦法ではなく好位に控える競馬をしての2着と、新しい戦い方でも結果を残した。どのようなレースを展開するのかわからないが、自分でレースを作れるこの馬には先行勢が有利となる中山競馬場へのコース替わりは好材料のはずだ。重賞で好走を続けていることからも実力があるのは間違いないだけに、そろそろ結果がついてきてもおかしくは無いだろう。

【ニュージーランドT・展望】混戦模様の3歳マイル重賞! 好走馬多数登場の中、NHKマイルCに駒を進めるのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  5. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  8. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?