NEW

【アンタレスS(G3)展望】大器グレンツェント登場! 古馬ダート中距離戦線の中心になるのは?

【この記事のキーワード】, ,
keiba0810.jpg

 絶対的な存在がいない状態が長く続く古馬のダート路線であるが、これからの活躍が楽しみなメンバーが揃ったアンタレスS(G3)が15日に阪神競馬場で行われる。今後行われていくダート交流G1や秋のチャンピオンズC(G1)で主役となるべく、このレースへの出走を予定している注目馬を紹介する。

 ここではグレンツェント(牡4、美浦・加藤厩舎)が主役に一番近い存在となるだろう。前走の東海S(G2)では中団追走から直線で抜け出してしっかりと勝ち切る盤石のレース運びを見せた。勝利後はフェブラリーS(G1)には向かわずに休養を取り、今後の中距離路線のレースに狙いを定めた。これまで10戦の戦績を見ると芝のレースだった新馬戦以外では3着以下になったことが無くセンスは抜群。また、ダートレースの1800m戦に限ってみれば2着以下がない連対率100パーセント。強いて懸念材料があるとすれば、今回が初めての阪神競馬場でのレース、58Kgの未経験の斤量を背負うことか。ほかの馬達からマークされる可能性があり決して簡単なレースにはならないだろうが、その実力を出し切ることが出来れば結果は付いてくるはずだ。

 3走前のブラジルC(OP)での逃げ切り勝ちが印象に残るミツバ(牡5、栗東・加用厩舎)は今回どのようなレースを展開するのだろうか。それまでは追い込み馬のイメージしかなかった同馬が一転して大逃げを打った際は、驚いたファンも多いことだろう。しかもそれで逃げ切ってしまうのだから、レース後の場内で起きた拍手にも納得できてしまう。そこで逃げ馬へ変わったのかと思えば、2走前のベテルギウスS(OP)では従来の追い込みの競馬に戻して勝利を上げている。前走の川崎記念(G1)では再び前から行く競馬をして4着と好走した。相手によって前から行くか後ろから行くのかを使い分けることが出来る点は非常に有利となるだろう。まだ重賞では結果を出すことが出来ていないが、今回は十分にチャンスがある。

 マーチS(G3)からの厳しいローテーションではあるが、ロンドンタウン(牡4、栗東・牧田厩舎)にも上位を争う能力がありそうだ。2走前の佐賀記念(G3)で初の重賞制覇をしているが、中央重賞では前走のマーチSでの4着がここまでの最高成績となっている。前走では初の重賞勝ちを期待されていたが、最後の直線で伸びきれずに敗れてしまった。今後の事を考えても結果が欲しいところで、相性のいい川田騎手が騎乗してくれるのは心強い。佐賀記念を制した最高のコンビで中央重賞での勝利を狙う。

【アンタレスS(G3)展望】大器グレンツェント登場! 古馬ダート中距離戦線の中心になるのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点