NEW

皐月賞、アーリントンCからの「少数派ローテ」彗星ペルシアンナイト! 路線変更の原因はソウルスターリングに敗れた「辛い過去」にあるってホント?

【この記事のキーワード】, ,
皐月賞、アーリントンCからの「少数派ローテ」彗星ペルシアンナイト! 路線変更の原因はソウルスターリングに敗れた「辛い過去」にあるってホント?の画像1

 アーリントンC組から久々の皐月賞好走馬が出るか、なかなか興味深い1戦となりそうだ。

 木曜に出走馬と枠順が発表された今年の皐月賞(G1)。戦前から注目を集める最強牝馬ファンディーナは4枠8番とまずまず好枠に入った。69年ぶりの快挙達成へ向けて視界良好といったところだろう。

 一方、ひとつ隣の枠で虎視眈々と目を光らせているのは、アーリントンCからただ1頭参戦するペルシアンナイト(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 出走馬の中に前走アーリントンC組が少ないのはなにも今年に限ったことではない。昨年このローテから皐月賞へ進んだ馬はゼロ。過去10年を遡ってもわずかしか例がなく、しかもすべて4着以下に負けている。

 そもそもアーリントンCの舞台は阪神マイル。2000mの皐月賞とは距離が400mも違うため、前哨戦として使う陣営が少ないのはある意味当たり前だ。

 むしろ多いのはここを経由してNHKマイルCへと向かうマイラー勢。昨年の優勝馬レインボーラインはニュージーランドTを挟んで出走し、12番人気ながら3着に激走。ほかにも2014年のミッキーアイルや2008年のディープスカイらがステップとして踏んでいることでも知られている。

 ではなぜペルシアンナイトはあえて他のトライアルをスルーしてアーリントンCを使ったのか。その原因のひとつは、もしかするとデビュー2戦目のアイビーSにあるのかもしれない。

 当時は8月の新馬戦から間隔を約2か月空けての出走。直線までのレース運びは万事スムーズにいったが、最後は伸び負けて1着からコンマ3秒差の2着に敗れた。連対を確保したとはいえ内容的には完敗だった。

 しかもこの時後塵を拝したのは、牡馬ではなく牝馬。「牝馬に負けるようなら牡馬クラシック路線では厳しいだろう。それなら路線変更してNHKマイルCを目指したほうが」と陣営が判断した可能性はなくはない。

皐月賞、アーリントンCからの「少数派ローテ」彗星ペルシアンナイト! 路線変更の原因はソウルスターリングに敗れた「辛い過去」にあるってホント?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. デアリングタクト「生みの親」も絶句……「松山君は後ろすぎた」オールカマー(G2)完敗で気になる次走は
  2. 武豊「神騎乗」で菊花賞のパートナーを確保、降板のルーキーに見せつけた「格の違い」
  3. 武豊「韋駄天弟」を完璧エスコート! ハーツクライ産駒史上「初」の白星達成
  4. 武豊も経験した「悲劇」がM.デムーロに直撃! 10年ぶりの夢叶わず、陽気なイタリアンに踏んだり蹴ったりの災難続く
  5. 武豊「宿敵」はやがて「盟友」へ……世間を揺るがせた有馬記念から17年、産駒と築く新たな歴史
  6. 「超大物」JRA騎手が調教師試験に挑戦! 今村聖奈「大ブレイク」の陰で泣く若手騎手… 名門サラブレッドクラブ「解散」秒読み【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  7. JRA “福永祐一先生”が「教え子相手」に赤っ恥!? “鞍上強化”が呼び込んだ重賞初制覇、スプリンターズS(G1)シュネルマイスターに強力助っ人
  8. JRA福永祐一「G1勝てる」安藤勝己「走ってくる」新馬戦で2冠女王スターズオンアースに快勝した大器が再始動V!
  9. JRA M.デムーロ「襲来」を乗り越えてエースの座。関係者も噂する「勝ち切れなかった男」が怒涛の3連勝でキャリアハイ驀進中
  10. C.ルメールの「大本命」撃破に名牝誕生の予感!? 落馬負傷で女傑クロノジェネシスと惜別から約1年4か月「元主戦」に舞い込んだ希望の光