NEW

『小さな巨人』が『半沢直樹』すぎて戸惑いの嵐! でも「勝利確実」な理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『小さな巨人』が『半沢直樹』すぎて戸惑いの嵐! でも「勝利確実」な理由の画像1

 16日放送『小さな巨人』(TBS系)の第1回が放送された。

 長谷川博己主演の刑事ドラマで、エリート街道から所轄に左遷された男を主人公に、謎を呼ぶ事件や本部との関係性を軸に描くストーリー。初回から急展開の連続で、視聴者の満足度は高そうだが……。

 ドラマ開始当初から「刑事版半沢直樹」の触れ込みがあったが、「ここまでとは」と驚きと戸惑いの声が多いのが現状だ。

 捜査一課長を演じる香川照之はまだいいものの、警察の上層部や同僚など、出演者の『半沢直樹』との被りが尋常ではない。安田顕が『下町ロケット』と同様のポジションにいる感じも一緒のような……。

 それだけでなく、やはり演出も『半沢』そのもので……。

「最初のシーンが長谷川さんの『ドアップ』スタートなのですが、まさにこれは堺雅人のしょっぱなシーンと一緒なんです。『ここまで同じとは』と驚く声が多いのも当然ですね。同局のヒットメーカーで『半沢』監督である福澤克雄氏の弟子たちが演出担当ということでしたが、さすがに寄せすぎな感はありますね」(記者)

『小さな巨人』が『半沢直樹』すぎて戸惑いの嵐! でも「勝利確実」な理由のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!