NEW

皐月賞馬アルアインの日本ダービー鞍上の「行方」に思い出される、世紀末覇王テイエムオペラオーの時代 人が人を育てる時代は終わったのか?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 無論、あの時のテイエムオペラオーとは時代も違えば、状況も異なる。アルアインを管理する池江泰寿調教師は松山騎手の直接の師匠ではないし、第一、本馬は多くの一口馬主の出資によって成り立っている”クラブ馬”だ。多数の人間が決定権を持っている以上、利害が優先されることもまた必然だろう。

 だが、部外者が口を挟むことではないのを重々承知しながらも、それでも1ファンとしてはアルアインと松山騎手とのコンビを日本ダービーでも見たいと思うのは、筆者が時代遅れなだけだろうか。

 競馬の主役は紛れもなく馬だ。だが、それを取り巻く人の「ドラマ」こそが、あえて人ではなく馬を走らせるこの”稀有な競技”の魅力でもあるはずと信じたい。
(文=浅井宗次郎)

皐月賞馬アルアインの日本ダービー鞍上の「行方」に思い出される、世紀末覇王テイエムオペラオーの時代 人が人を育てる時代は終わったのか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!