NEW

天皇賞・春へゴールドアクターが横山典弘と新コンビで挑む!漂う「頭打ち感」打破のためには競馬界きっての「意外性」が必要不可欠?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
天皇賞・春へゴールドアクターが横山典弘と新コンビで挑む!漂う「頭打ち感」打破のためには競馬界きっての「意外性」が必要不可欠?の画像1

 元相棒の吉田隼人騎手には申し訳ないが、今回のところは新たなパートナーの手腕に期待が高まるばかりだ。

 戦前からサトノダイヤモンドVSキタサンブラックのマッチレースと言われている今年の天皇賞・春(G1)。2頭に世間の目が集中するのは当然だが、2015年のグランプリホース・ゴールドアクター(牡6、美浦・中川公成厩舎)が出走していることも忘れてはならない。

 昨年は1番人気に推されるほど注目を集めた同馬だが、今年は豪華な2強対決の影で主役を奪われてしまった感がある。それというのも、やはり前走の日経賞での不甲斐ないレースぶりが尾を引いているのだろう。

 有馬記念制覇を含め、過去3戦して馬券圏内を外していなかった中山芝2500mという舞台でいいところなく5着に敗北。シャケトラやミライヘノツバサといった新興勢力相手に太刀打ちできなかったのだから、相対的に評価が下がっているのもうなずけるところだ。

「2年前がピークだったのかもな」「さすがにそろそろ衰えてきたのでは」という競馬ファンからの声もインターネット上で囁かれる同馬。陣営もそんな頭打ちの現状に危機を抱いたのだろうか。前走後には驚きの人選が発表された。数々の名(迷?)騎乗でおなじみ横山典弘騎手が新たにコンビを組むことになったのだ。

「ゴールドアクターは3年前の夏から一貫して吉田隼人騎手が鞍上を任されていました。彼とのコンビでは重賞4勝を含む13戦中8勝を挙げており、競馬ファンからも現代には珍しい名コンビとして認識されています。それだけに、この乗り替わりは衝撃的でしたね。」(競馬記者)

天皇賞・春へゴールドアクターが横山典弘と新コンビで挑む!漂う「頭打ち感」打破のためには競馬界きっての「意外性」が必要不可欠?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!