NEW

天皇賞・春へゴールドアクターが横山典弘と新コンビで挑む!漂う「頭打ち感」打破のためには競馬界きっての「意外性」が必要不可欠?

【この記事のキーワード】, ,
天皇賞・春へゴールドアクターが横山典弘と新コンビで挑む!漂う「頭打ち感」打破のためには競馬界きっての「意外性」が必要不可欠?の画像1

 元相棒の吉田隼人騎手には申し訳ないが、今回のところは新たなパートナーの手腕に期待が高まるばかりだ。

 戦前からサトノダイヤモンドVSキタサンブラックのマッチレースと言われている今年の天皇賞・春(G1)。2頭に世間の目が集中するのは当然だが、2015年のグランプリホース・ゴールドアクター(牡6、美浦・中川公成厩舎)が出走していることも忘れてはならない。

 昨年は1番人気に推されるほど注目を集めた同馬だが、今年は豪華な2強対決の影で主役を奪われてしまった感がある。それというのも、やはり前走の日経賞での不甲斐ないレースぶりが尾を引いているのだろう。

 有馬記念制覇を含め、過去3戦して馬券圏内を外していなかった中山芝2500mという舞台でいいところなく5着に敗北。シャケトラやミライヘノツバサといった新興勢力相手に太刀打ちできなかったのだから、相対的に評価が下がっているのもうなずけるところだ。

「2年前がピークだったのかもな」「さすがにそろそろ衰えてきたのでは」という競馬ファンからの声もインターネット上で囁かれる同馬。陣営もそんな頭打ちの現状に危機を抱いたのだろうか。前走後には驚きの人選が発表された。数々の名(迷?)騎乗でおなじみ横山典弘騎手が新たにコンビを組むことになったのだ。

「ゴールドアクターは3年前の夏から一貫して吉田隼人騎手が鞍上を任されていました。彼とのコンビでは重賞4勝を含む13戦中8勝を挙げており、競馬ファンからも現代には珍しい名コンビとして認識されています。それだけに、この乗り替わりは衝撃的でしたね。」(競馬記者)

天皇賞・春へゴールドアクターが横山典弘と新コンビで挑む!漂う「頭打ち感」打破のためには競馬界きっての「意外性」が必要不可欠?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊命名「5爺」が解散の大ピンチ! 有力馬2頭の出走前にJRA最年長ジョッキーが「引退」の危機!?
  2. JRA横山典弘「ポツン」について激白!「俺のポツンがあまり好まれていないことはわかってる」知られざる「2つ」のポツンと、それでも続ける理由とは
  3. JRA 川田将雅「あまりにも人気し過ぎていましたが……」想定以上のオッズにビックリ!? 武豊・C.ルメールだけではない!「川田人気」はもう常識?
  4. JRA 中日新聞杯(G3)「高配当の使者」はまさかのC.ルメール!? 騎乗馬が 2桁人気想定も「一変」十分なワケ
  5. JRA阪神JF(G1)武豊「26年未勝利」はウォーターナビレラに大誤算!? 最後の勝利は3戦連続レコードで制した天才少女
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  7. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  8. JRA阪神JF(G1)武豊ウォーターナビレラに「地雷臭」プンプン!? 牝高牡低時代の終焉を予感させたソダシとの決定的違い
  9. JRA打倒テーオーケインズへ「最強3歳世代」からの刺客!? 「強いのは、わかっていた」遅れてきた超新星が7馬身圧勝で3連勝!
  10. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】